産経ニュース

【メガプレミアム】TBS「ビビット」が「人の皮を被った化け物」と報じたホームレスを直撃 男性の意外な素顔とは…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【メガプレミアム】
TBS「ビビット」が「人の皮を被った化け物」と報じたホームレスを直撃 男性の意外な素顔とは…

ホームレスの男性が暮らす現場。ごみなどが散乱している=3月下旬、東京都調布市の多摩川河川敷 ホームレスの男性が暮らす現場。ごみなどが散乱している=3月下旬、東京都調布市の多摩川河川敷

TBSの陥った過ち

 TBSの朝の情報番組「白熱ライブ ビビット」は1月31日、多摩川河川敷に住むホームレスの現状について特集を報じた。

 多摩川に住むホームレスを「リバーサイドヒルズ」と表現した上で、「犬の予防接種の義務を放棄し、多頭飼育する新たな問題が浮上」と問題提起した。

 冒頭、リポーターが現場を取材していたところ、この男性が「何やってんだ!勝手に入りやがって」と怒鳴る場面があった。そこに「犬たちを束ねる長(おさ)、その名も犬男爵」とテロップ。「人間じゃないんだ」「人間の皮を被った化け物」という周辺住民のインタビューも紹介される。リポーターがわざとらしく、マネキンのような首の部分につまずいて転ぶ場面もあった。

 問題はやらせだ。冒頭の男性が怒鳴る場面は、男性が事前に、コンビニの缶コーヒーを飲みながらスタッフと撮影を打ち合わせていたという。

 TBSの武田信二社長は3月29日の定例会見で、「不適切な内容だった。視聴者や関係者に改めておわびしたい」と謝罪した。

 TBS広報部に見解を聞くと、今回の報道についてホームページに公表した通りだという(既に削除)。それによると、「犬の多頭飼育の問題点を伝えると同時にそうした暮らしをせざるを得なくなっている男性の境遇や心情にも迫ろうとした」と番組の趣旨を説明。しかし、批判を受けたことから放送内容と制作過程を改めて検証した結果、「取材した男性を傷つける表現や取材手法に不適切な点があった」と認めた。やらせ報道についても認めた上で、「男性をすぐに怒鳴り散らす粗暴な人物と印象づける結果となり、不適切な手法だった」と謝罪した。

続きを読む

このニュースの写真

  • TBS「ビビット」が「人の皮を被った化け物」と報じたホームレスを直撃 男性の意外な素顔とは…
  • TBS「ビビット」が「人の皮を被った化け物」と報じたホームレスを直撃 男性の意外な素顔とは…

「ニュース」のランキング