産経ニュース

【カサケンの政界サンバ】「みなさまのNHK」の野望 ネットへの放送番組24時間同時配信&ネット受信料徴収案

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【カサケンの政界サンバ】
「みなさまのNHK」の野望 ネットへの放送番組24時間同時配信&ネット受信料徴収案

報道各社のインタビューに答える野田聖子総務相=8月8日、東京・霞が関(飯田英男撮影) 報道各社のインタビューに答える野田聖子総務相=8月8日、東京・霞が関(飯田英男撮影)

 NHKは2020年に開かれる東京オリンピック・パラリンピックをにらみ、2019年から同時配信を実施する構想を打ち出している。放送事業を所管する総務省の「放送を巡る諸課題に関する検討会」で議論が続いている。

 総務省は民放各社にも同時配信への積極的な参入を促したい方針だったが、検討会でのNHKと民放各社の議論は平行線をたどったままだ。NHKは昨年のリオデジャネイロ五輪などで同時配信を行うなど、限られた時間の枠内で試みてきたが、現在の放送法の下では24時間の同時配信はできない。NHKが“宿願”を達成するには放送法の改正が必要になる。

 タイムスケジュールとしては、2019年から同時配信を実現するためには2018年の通常国会で放送法を改正する必要がある。NHKは2016年12月13日の検討会で2019年には本格的なサービスを開始し、段階的に拡充したいとする計画案を示した。

民放からは反対論が続出

 この約2週間後に開かれた12月26日の検討会には在京民放各社の幹部が顔をそろえたが、「事業性は見いだし難い。コスト、ニーズ、権利処理など課題の解決が先であり、段階的に行うべきだ」(日本テレビ)、「クリアすべき課題が多い。コストの回収モデルを見通すのは困難だ。視聴率の低下などローカル局への影響も懸念している」(テレビ朝日)、「同時配信のビジネスモデルを作成できる状況ではなく、将来に向けた先行投資を行う確証が持てない」(テレビ東京)などと反対論が大勢を占めた。民放各社が拒否するのは、圧倒的な資金と技術力を持つNHKが本格的に踏み切れば、あっという間に独走態勢を敷いてしまうという懸念があるからだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「みなさまのNHK」の野望 ネットへの放送番組24時間同時配信&ネット受信料徴収案
  • 「みなさまのNHK」の野望 ネットへの放送番組24時間同時配信&ネット受信料徴収案
  • 「みなさまのNHK」の野望 ネットへの放送番組24時間同時配信&ネット受信料徴収案
  • 「みなさまのNHK」の野望 ネットへの放送番組24時間同時配信&ネット受信料徴収案
  • 「みなさまのNHK」の野望 ネットへの放送番組24時間同時配信&ネット受信料徴収案
  • 「みなさまのNHK」の野望 ネットへの放送番組24時間同時配信&ネット受信料徴収案
  • 「みなさまのNHK」の野望 ネットへの放送番組24時間同時配信&ネット受信料徴収案
  • 「みなさまのNHK」の野望 ネットへの放送番組24時間同時配信&ネット受信料徴収案

「ニュース」のランキング