産経ニュース

【びっくりサイエンス】グーグルが2000万匹もの蚊を放出 ジカ熱などの根絶実験始まる

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【びっくりサイエンス】
グーグルが2000万匹もの蚊を放出 ジカ熱などの根絶実験始まる

米カリフォルニア州フレズノで蚊を放出するバン(ベリリー社のブログより) 米カリフォルニア州フレズノで蚊を放出するバン(ベリリー社のブログより)

 米検索大手グーグルの関係会社が、カリフォルニア州中部にあるフレズノの市街地で7月中旬から車を使って大量の蚊を放ち続けている。計画では、冬までに2000万匹が放出される予定だ。特別な処理で“不妊”にした雄の蚊を利用し、生息している蚊を激減させるのがねらい。バイオテクノロジーを使い環境をコントロールする壮大な実験が始まった。

 減らすターゲットとなっているのはジカウイルスの媒介で知られているネッタイシマカだ。日本では2016年のリオ五輪をきっかけに広く知られるようになったが、厚生労働省によるとジカウイルスに感染しても約8割は症状がなく、残りの2割は2~7日後に微熱や関節痛など比較的軽度のジカ熱を発症する。本人は深刻なことにはなりにくいが、妊婦が感染すると胎児に「小頭症」と呼ばれる先天性異常が起きる可能性が高まる。アフリカ原産とされるネッタイシマカだが、13年にカリフォルニア州のセントラルバレーで見つかり、その後、フレズノ郡で広がった。

利己的遺伝因子を利用

 放出しているのはボルバキアという病原菌に感染させられている雄だけだ。蚊の雄は刺さないのでヒトや動物に対しての直接的な害はない。ボルバキア菌は、宿主動物の生殖に関わる機能を制御して自らの繁栄に利用するいわゆる“利己的遺伝因子”をもっていることで知られている。ネッタイシマカの場合は、感染した雄と感染していない雌が生んだ卵では「細胞質不和合」という現象が生じて孵化しない。これも結果的に感染した雌が多くの感染した子孫を残し、ボルバキア自身が繁栄するという“企み”なのだが、実験ではこれを利用する。

続きを読む

「ニュース」のランキング