産経ニュース

【九州北部豪雨1カ月】激しい雨1000ミリ、流木20万トン、崩れ落ちた山300カ所 注目は「谷底平野」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【九州北部豪雨1カ月】
激しい雨1000ミリ、流木20万トン、崩れ落ちた山300カ所 注目は「谷底平野」

孤立していた松末小学校から、濁流にえぐられた道路を歩いて避難する子どもたち=7月6日午前10時9分、福岡県朝倉市 孤立していた松末小学校から、濁流にえぐられた道路を歩いて避難する子どもたち=7月6日午前10時9分、福岡県朝倉市

予想できた場所では?

 想定外の雨量が集中した今回の豪雨。どうすれば身を守れるのか。現地調査した静岡大防災総合センターの牛山素行(もとゆき)教授(災害情報学)は「谷底平野」という地形に注目する。

 谷底平野とは、川の上流から中流にかけ、両岸に土砂が堆積してできる平坦(へいたん)な低地で氾濫の際に浸水する。牛山教授が朝倉市の赤谷川流域を調べたところ、洪水による家屋損壊42軒が全て谷底平野だったという。

 同様の地形での被災は23年の紀伊半島豪雨、昨年の岩手県岩泉町を襲った台風10号など前例がある。牛山教授は「雨量は予測不能でも、予想も付かない場所で家が流されたのではない。判断の遅れが生死を分けたのだろうが、地形的特徴を事前に知っておくことも重要だ」と指摘した。

このニュースの写真

  • 激しい雨1000ミリ、流木20万トン、崩れ落ちた山300カ所 注目は「谷底平野」
  • 激しい雨1000ミリ、流木20万トン、崩れ落ちた山300カ所 注目は「谷底平野」
  • 激しい雨1000ミリ、流木20万トン、崩れ落ちた山300カ所 注目は「谷底平野」
  • 激しい雨1000ミリ、流木20万トン、崩れ落ちた山300カ所 注目は「谷底平野」
  • 激しい雨1000ミリ、流木20万トン、崩れ落ちた山300カ所 注目は「谷底平野」

関連トピックス

「ニュース」のランキング