産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】面接選考は「論理性」ゲームと化している!おかしな現場のやりとりを紹介

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロが指南 就活の極意】
面接選考は「論理性」ゲームと化している!おかしな現場のやりとりを紹介

損害保険大手の採用面接で順番を待つ学生=6月1日、東京都千代田区 損害保険大手の採用面接で順番を待つ学生=6月1日、東京都千代田区

 そしてこのようなやり取りが頻繁にやり取りされることを知った就活生は、結局“就活マニュアル化”してしまうのです。例えばさっきのやり取りの例だと下記のようになります。

 質問:なぜ新しいことに挑戦しようと思ったのか

 【就活生の本音】

 サッカーに飽きたのも若干あるし、ダンスがカッコいいし女の子と遊べそう

 【面接時の建前】

 サッカーでは当初の目標だった県大会ベスト8出場を果たしたことで、自分の中ではある程度の区切りがつきました。また中学時代のダンスの授業でダンスの魅力も感じていたので、高校まではサッカーをやり、大学ではダンスをやろうと決めていたんです

 面接という非現実的空間だと、誰しもが背伸びをしてしまうのは仕方ありません。しかし新卒採用はあくまでポテンシャルを見て判断するので、このような意味のない面接をしたところで、結局就活生もそれの対策をしてきてしまい、本来の判断に狂いが生じてしまいます。

 現在のおかしな就活現場を改善するため、

企業側には従来の面接手法を少しずつ改善してほしいものです。(「内定塾」塾長 池田陽介)

 ここ10数年で新卒の就職活動も大きく変化してきました。今年は特に変化の年になります!新卒の就職活動は、世の経済状況や世相を反映しやすく、年によって状況が異なります。東京、名古屋、大阪の主要都市を中心に全国12校舎を持つ、就活塾・予備校最大手の「内定塾」講師が週替わりで、就活事情の最前線をご紹介します。

内定塾:http://www.naitei-jyuku.jp/

内定塾の志望動機:http://www.naitei-shiboudouki.com/

内定塾facebook:https://www.facebook.com/naiteijyuku

「ニュース」のランキング