産経ニュース

【野党ウオッチ】さらば、蓮舫代表 「二重国籍」問題であらわになった受けの弱さ 

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野党ウオッチ】
さらば、蓮舫代表 「二重国籍」問題であらわになった受けの弱さ 

記者会見で辞任を表明し、笑顔で退席する民進党の蓮舫代表=7月27日午後、国会内(斎藤良雄撮影) 記者会見で辞任を表明し、笑顔で退席する民進党の蓮舫代表=7月27日午後、国会内(斎藤良雄撮影)

 民進党の蓮舫代表(49)が突然、辞任を表明した。1年もたたず党代表降板を余儀なくされ、相当な悔しさを感じていることだろう。7月27日の辞任記者会見で蓮舫氏は「攻めと受け、この受けの部分に私は力を十分に出せませんでした」と独特な表現で代表としての至らなさを説明した。

 確かに蓮舫氏の「受けの弱さ」は随所に見られた。顕著になったのは7月2日投開票の東京都議選後だった。

 蓮舫氏は5月中旬から連日、早朝のビラ配りに精を出し、休日も候補予定者の応援演説のため都内を転戦し、耳目を集めた。一時期は議席ゼロも噂された中で、蓮舫氏の活躍こそ終盤追い上げの要因だったといえる。

 ただ、7月11~18日に開かれた都議選敗北を総括する国会議員による「ブロック会議」は修羅場と化した。蓮舫氏をはじめ執行部の引責を求める声が相次いだのだ。日ごろ、蓮舫氏に批判的な思いを抱く非主流派の議員も、ブロック会議までは面と向かって思いをぶつけることがなかった。そんな中、仲間の厳しい指摘はショックだったに違いない。会議終了後の取材でも心を閉ざすようになった、と感じた。

 「受けの弱さ」を取り繕う姿勢が決定的にあらわになったのが、蓮舫氏の台湾籍と日本国籍のいわゆる「二重国籍」問題だった。

続きを読む

このニュースの写真

  • さらば、蓮舫代表 「二重国籍」問題であらわになった受けの弱さ 
  • さらば、蓮舫代表 「二重国籍」問題であらわになった受けの弱さ 
  • さらば、蓮舫代表 「二重国籍」問題であらわになった受けの弱さ 
  • さらば、蓮舫代表 「二重国籍」問題であらわになった受けの弱さ 
  • さらば、蓮舫代表 「二重国籍」問題であらわになった受けの弱さ 
  • さらば、蓮舫代表 「二重国籍」問題であらわになった受けの弱さ 

関連トピックス

「ニュース」のランキング