産経ニュース

【民主化活動家が結集】人権弾圧にNO! 「中国への経済援助は中国共産党を支援していること」「日本は対中政策を再検討せよ」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【民主化活動家が結集】
人権弾圧にNO! 「中国への経済援助は中国共産党を支援していること」「日本は対中政策を再検討せよ」

昨年9月に香港の立法会選で当選しながら、就任宣誓をめぐって議員資格を剥奪された「青年新政」の游蕙禎氏=23日、神奈川県三浦市(原川貴郎撮影) 昨年9月に香港の立法会選で当選しながら、就任宣誓をめぐって議員資格を剥奪された「青年新政」の游蕙禎氏=23日、神奈川県三浦市(原川貴郎撮影)

 中国の民主化に取り組む海外の著名な活動家やNGO関係者、学者らが7月23~25日、神奈川県三浦市内のホテルに集まり、中国の民主化や日本の対中政策をテーマにシンポジウムを開いた。主催者は、中国民主化運動の中心を欧米から東アジアに移す考えを表明した。香港に対する中国の締め付けが強まる今、海外の活動家らは中国の民主化に向けた日本政府、安倍晋三政権の役割に期待を寄せていた。

 シンポジウムを主催したのは、主に豪州や米国で中国の民主化を訴えてきた「中国民主論壇」。共催団体には、台湾の外交部(外務省)が主管する「台湾民主基金会」や1989年の天安門事件後に海外に逃れた中国人らがつくった「中国民主陣線」が名を連ねた。

 初日は米国、豪州、カナダ、台湾、香港のNGO関係者や研究者ら約50人が参加し、約6時間にわたって主に中国語で討論を繰り広げた。

 中国民主論壇の秦晋共同主席は豪州から来日した。開会のあいさつで「1989年以降、日本の中国の政治的変化(=民主化)を促す動きは弱かった。日本に、より大きな役割を果たしてほしい」と訴えた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 人権弾圧にNO! 「中国への経済援助は中国共産党を支援していること」「日本は対中政策を再検討せよ」
  • 人権弾圧にNO! 「中国への経済援助は中国共産党を支援していること」「日本は対中政策を再検討せよ」
  • 人権弾圧にNO! 「中国への経済援助は中国共産党を支援していること」「日本は対中政策を再検討せよ」
  • 人権弾圧にNO! 「中国への経済援助は中国共産党を支援していること」「日本は対中政策を再検討せよ」

「ニュース」のランキング