産経ニュース

【ソウルから 倭人の眼】「われわれには力がない」と文在寅大統領 初外遊で知った内弁慶 「国らしい国」豪語も甘える先は…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ソウルから 倭人の眼】
「われわれには力がない」と文在寅大統領 初外遊で知った内弁慶 「国らしい国」豪語も甘える先は…

6月30日、米ワシントンのホワイトハウスで、共同声明発表を終えた韓国の文在寅大統領(左)とトランプ米大統領(ロイター) 6月30日、米ワシントンのホワイトハウスで、共同声明発表を終えた韓国の文在寅大統領(左)とトランプ米大統領(ロイター)

 その期待に文氏がどれだけこたえられるかが、今後、問われるであろう。もし、期待を裏切る結果が出れば、文在寅政権への支持は日に日に落ちていくことも当然、あり得る。

外交的にも「国らしい国」になれるか

 大統領選当時の文氏のキャッチフレーズは「国を国らしく。しっかりした大統領」だった。現在も相変わらず「韓国を国らしい国に!」と強調している。朴槿恵(パク・クネ)前大統領の親友で女性実業家の崔順実(チェ・スンシル)被告の国政介入事件に見られた不正腐敗が根絶されない韓国を、“まともな国”に立て直すというのが主眼で、主に国内問題を対象にした発言だ。

 ただ、最近の文氏の発言を振り返ってみると、外交的にも「国らしい国」であらねばという考えがうかがえる。欧米への初外遊を終えた後の「国益を最優先に考え、貫徹できるよう外交を多角化し、外交力を高めねばならない」という言葉が象徴的なものだ。

 「国らしい国」であることは国内的に重要であろうが、外交的にはより大切なことだ。第一、相手となる国があるわけだから。米朝合意を破棄し核開発を続け、国際社会からの批判にも関わらず弾道ミサイル発射を続ける北朝鮮のようであっては、当然いけない。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「われわれには力がない」と文在寅大統領 初外遊で知った内弁慶 「国らしい国」豪語も甘える先は…
  • 「われわれには力がない」と文在寅大統領 初外遊で知った内弁慶 「国らしい国」豪語も甘える先は…
  • 「われわれには力がない」と文在寅大統領 初外遊で知った内弁慶 「国らしい国」豪語も甘える先は…
  • 「われわれには力がない」と文在寅大統領 初外遊で知った内弁慶 「国らしい国」豪語も甘える先は…
  • 「われわれには力がない」と文在寅大統領 初外遊で知った内弁慶 「国らしい国」豪語も甘える先は…
  • 「われわれには力がない」と文在寅大統領 初外遊で知った内弁慶 「国らしい国」豪語も甘える先は…

関連トピックス

「ニュース」のランキング