産経ニュース

【スポーツ異聞】何と10期目! いつまで続くJOC竹田体制 現規則では2019年に退任だが

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
何と10期目! いつまで続くJOC竹田体制 現規則では2019年に退任だが

まれに見る長期政権。10期目に入った竹田JOC会長 まれに見る長期政権。10期目に入った竹田JOC会長

 公益財団法人、日本オリンピック委員会(JOC)の臨時理事会が7月4日、東京都渋谷区の岸記念体育会館で開かれ、竹田恒和会長(69)がまたもや再選した。任期は2年で、竹田会長は実に10期目に入る。

 任期途中で急逝した八木祐四郎前会長から2001年10月に引き継いで以降、竹田氏がJOCのかじ取り役を担っている。今任期を全うすれば、約18年にも及ぶ、過去に例のない“超長期政権”だ。田舎の村長でも、ここまでの“長期政権”にはちょっとやそっとでお目にかかれないだろう。ちなみに、会長は理事の互選で決める。

 JOCは、54競技団体が加盟(ほかに準加盟団体5、承認団体4)している、いわば競技団体の“総本山”。選手強化とともに、五輪をはじめ国際大会への派遣などが主な仕事だ。国際オリンピック委員会(IOC)の“日本支部”的役割も担っている。五輪で選手団が結成された際、団長を務めるのはJOC会長か選手強化本部長が多い。実際、竹田会長は02年ソルトレークシティー冬季五輪と04年アテネ夏季五輪で選手団団長を務めている。

 もともとは、日本体育協会(戦前は大日本体育協会)の内部にある委員会であったが、日本がソ連のアフガニスタン侵攻に抗議するため、モスクワで開催された1980年の夏季五輪をボイコットした反省から、「政治とスポーツ」の分離を唱え、89年に、JOCが法人格の取得の手続きを取った。その際に、トップの名称を委員長から会長に“格上げ”したのがJOC会長の始まりである。当時、全日本スキー連盟会長だった堤義明氏が就任した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 何と10期目! いつまで続くJOC竹田体制 現規則では2019年に退任だが
  • 何と10期目! いつまで続くJOC竹田体制 現規則では2019年に退任だが
  • 何と10期目! いつまで続くJOC竹田体制 現規則では2019年に退任だが
  • 何と10期目! いつまで続くJOC竹田体制 現規則では2019年に退任だが

「ニュース」のランキング