産経ニュース

【蓮舫氏「二重国籍」会見詳報(4)】「大好きですよ、日本は」「不確かな記憶で一貫性のない説明をしてしまった」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【蓮舫氏「二重国籍」会見詳報(4)】
「大好きですよ、日本は」「不確かな記憶で一貫性のない説明をしてしまった」

記者会見する民進党の蓮舫代表=18日午後、東京・永田町の民進党本部(酒巻俊介撮影) 記者会見する民進党の蓮舫代表=18日午後、東京・永田町の民進党本部(酒巻俊介撮影)

 「その上で次の世代に、例えば差別を助長するような国家ではなくて、何かを強要するような社会ではなく、やはり豊かなものを残したい。それは脱原発であり、教育の無償化であり、次世代の豊かさというものを、民進党は自民党と違って、残していける唯一の政党だということを丁寧に丁寧に訴えていきたい」

 --国籍法違反だったという状態についてどう思うか

 「指摘のとおり手続きを怠っていたことは事実だ。いずれにせよ、私はずっと日本籍のみだけだと思っていたが、昨年指摘をもらうまでは疑ってもいなかった。その部分では故意に怠っていたわけではないが、公職に就くものとして深く反省をしている」

 --説明責任は十分に果たしたと考えているか

 「これまでも求められて、言われたときには説明することはしていたので『、はい、これで終わり』ということでなく、引き続き丁寧に理解を得られるように、同じように、私のような境遇にいる人たちが悩んでいるなら、その方たちの声に耳を傾けて一本化していく、政策化していく。秘匿性の高いプライベートな情報(の公表)が強要されて『日本人であることを示せ』といわれるような社会を作ってはいけないんだということをしっかりとわれわれの政党としてやっていきたいと思う」

 --今回の会見に多くの記者が集まったが、この意義について。どのようなきっかけで民進党の活動につながっていくのか。

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング