産経ニュース

【めぐみへの手紙】あなたの大好きな日本の夏 普通の日々が幸せでした 横田滋さん、早紀江さん

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【めぐみへの手紙】
あなたの大好きな日本の夏 普通の日々が幸せでした 横田滋さん、早紀江さん

両親の横田滋さん(左端)、早紀江さん(右端)や双子の弟、拓也さん、哲也さんと写真に収まっためぐみさん(中央)=昭和49年ごろ、広島市内(提供写真) 両親の横田滋さん(左端)、早紀江さん(右端)や双子の弟、拓也さん、哲也さんと写真に収まっためぐみさん(中央)=昭和49年ごろ、広島市内(提供写真)

 確かに議論すべき事柄は山ほどあるでしょう。でも拉致問題はすでに40年間も続いています。何の罪もない国民、子供たちが連れ去られ助けを求めています。国民の皆様も怒り、思いを一つに大きな声をあげてくださっています。国会は国家にとっての重大事を取り上げ、力の限り話し合い、課題を解決し、目標を実現させる場と信じています。

 安倍晋三首相には「拉致は日本にとって一番重要な問題」だとおっしゃっていただきました。家族会も国民の皆様も当然、その言葉を信じて、良き知恵と行動により、鮮やかな解決実現の日をじっと待ち続けています。もう一刻の猶予もありません。人間の魂の本質があらわされる日が来ることを、切に祈るばかりです。

 すべての国会議員の方々が党派を問わず一致団結して、拉致被害者のことを心に置き、必ず問題を解決していただけるよう、心の底から願っています。

 私たち家族は、今年中にすべての拉致被害者を取り戻すよう求めました。しかし、すでに1年の半分が過ぎ去ってしまいました。お父さんとお母さんが身代わりになって、めぐみちゃんを日本に帰してもらえるのなら、今すぐにでもそうしてあげたい。めぐみちゃんと、拉致されたすべての人たちに必ず、祖国の土を踏ませてあげたい。思いは募るばかりです。

=随時掲載

このニュースの写真

  • あなたの大好きな日本の夏 普通の日々が幸せでした 横田滋さん、早紀江さん
  • あなたの大好きな日本の夏 普通の日々が幸せでした 横田滋さん、早紀江さん

関連ニュース

「ニュース」のランキング