産経ニュース

【教えて!goo】知っているようで知らない海の日 由来や何をする日か知っている?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【教えて!goo】
知っているようで知らない海の日 由来や何をする日か知っている?

 7月17日は「海の日」である。いわゆる夏の祝日「海の日」だが、どうして海の日が制定されたのか、みなさんはご存知だろうか? そもそも「海の日」って何をする日なのだろう? 素朴な疑問が湧き出てきた筆者は、「海の日」を中心に各種行事・催しものの開催などの広報活動を行っている、公益財団法人日本海事広報協会に聞いてみることにした。

「海の日」が制定された由来

 まず、「海の日」が制定された由来を聞いた。

 「元々『海の日』は、平成8年から7月20日が海の日として、国民の祝日にされました。この7月20日は、昭和16年以来『海の記念日』として、海運、造船、港湾などの海事産業や船員等これらに従事する人々について国民の皆様に理解を深めていただくために、全国各地でいろいろな行事が開催されてきました」(公益財団法人 日本海事広報協会)

 海に関する記念日ができるぐらい、人々と海の関わりが深いことも、記念日制定につながっているという。

 「私たちの国は、四面を海に囲まれた海洋国で、はるか昔から外国からの文化の伝来をはじめ、人の往来や物の輸送、産業、生活などの各分野にわたって、『海』に深くかかわってきました。最近では、海洋開発やウォーターフロントの整備、またマリンスポーツの普及など、海を利用する機会は急速に多様化しています。さらに、地球環境の保全という観点からも、海の役割が重要視され、海洋汚染防止などの必要性が一層高まっています」(公益財団法人 日本海事広報協会)

続きを読む

「ニュース」のランキング