産経ニュース

【教えて!goo】神秘と謎に包まれた恐竜の世界 卵の最大サイズは? 親の特定や子育ては? 気になる疑問に専門家が回答

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【教えて!goo】
神秘と謎に包まれた恐竜の世界 卵の最大サイズは? 親の特定や子育ては? 気になる疑問に専門家が回答

 長径60cmというと、例えるならラグビーボールを2倍程度にした大きさだ。そう考えると、なかなかの存在感だが、15m級の恐竜が珍しくないことを考えると、小さい気もする。あくまで最大60cmということは、恐竜の卵は私たちが思っているよりも大きくないのかもしれない。

 ところで、「マクロエロンガトウーリトゥス」というのは、どんな恐竜なのか?

 「化石となった卵は、卵殻のみが見つかることが多く、ほとんどの場合は親が特定できません。そこで、卵の大きさや形態、卵殻の厚さや結晶構造などで分類し、卵化石そのものに名前を付けることで、特徴の違う卵化石をそれぞれ区別しています。その中でも『マクロエロンガトウーリトゥス』は、表面には特徴的な細かい凹凸があり、長楕円をしていて、その長径が40cmを超えるものをいいます。」(恐竜渓谷ふくい勝山ジオパーク推進協議会、福井県立恐竜博物館)

 なるほど、そういうことだったのか。マクロエロンガトウーリトゥスは恐竜の名前ではなく、卵の種類(名前)だったのだ。

 恐竜の卵は見つかっても、どの恐竜の卵なのか、なかなか特定するのが難しいとのこと。まだまだ神秘と謎に包まれている恐竜の世界--。考えれば考えるほど、その魅力は深そうだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング