産経ニュース

【野党ウオッチ】ヤンキー先生に噛みつく蓮舫代表 「加計学園」と「中国漁船衝突」民進と民主で180度異なる情報流出公務員の扱い

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野党ウオッチ】
ヤンキー先生に噛みつく蓮舫代表 「加計学園」と「中国漁船衝突」民進と民主で180度異なる情報流出公務員の扱い

記者会見する民進党の蓮舫代表=党本部(斎藤良雄撮影) 記者会見する民進党の蓮舫代表=党本部(斎藤良雄撮影)

 一色氏の行動がなければ中国漁船の違法性を国際社会に発信する機会は失われていたかもしれない。

 だが、民主党内で一色氏をかばう声は表立たず、むしろ責任論が飛び火しないように海保を所管する馬淵澄夫国土交通相(当時)をかばう姿勢が目立った。

 菅氏は、産経新聞の取材に当時の一色氏の告発行為について「結果としてビデオが表に出たことは良かったと思っていた。ただ、ビデオは当時裁判資料になっていたため、(政権内で)専門家を称する人が『表に出すな』というもんだから…」と責任転嫁ともとれる発言をした。

 漁船衝突事件から7年がたち、民主党は民進党に党名を変えた。蓮舫氏は6月29日の記者会見で、加計学園問題の内部告発者との対応の整合性について「旧民主党と今の民進党を比較して、どう答えればいいか…」と一色氏の対応について評価を避け、公益通報者保護のために制度改正に尽力すると語るにとどめた。

 蓮舫氏には、前川氏ら文科省の“勇気ある”告発者と同じく、当時の民主党政権時代で振り返られなかった一色氏の義憤にも思いもはせていただきたい。

(政治部 奥原慎平)

このニュースの写真

  • ヤンキー先生に噛みつく蓮舫代表 「加計学園」と「中国漁船衝突」民進と民主で180度異なる情報流出公務員の扱い
  • ヤンキー先生に噛みつく蓮舫代表 「加計学園」と「中国漁船衝突」民進と民主で180度異なる情報流出公務員の扱い
  • ヤンキー先生に噛みつく蓮舫代表 「加計学園」と「中国漁船衝突」民進と民主で180度異なる情報流出公務員の扱い

関連トピックス

「ニュース」のランキング