産経ニュース

【外交・安保取材の現場から】トランプ大統領は「バイ」がお好き? G7で見せた異常行動と注目のG20

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【外交・安保取材の現場から】
トランプ大統領は「バイ」がお好き? G7で見せた異常行動と注目のG20

G7サミット関連行事での記念撮影を前に身だしなみを整えるトランプ米大統領(右から2人目)=5月26日、イタリア南部シチリア島タオルミナ(AP) G7サミット関連行事での記念撮影を前に身だしなみを整えるトランプ米大統領(右から2人目)=5月26日、イタリア南部シチリア島タオルミナ(AP)

 もう1つの文言調整は、閉幕日に採択された首脳宣言のロシアに関する部分だった。G7諸国は2014年のロシアによるウクライナ南部クリミア半島併合や同国東部への軍事介入を非難し、経済制裁を科している。ロシアとの関係を重視するトランプ氏からすれば関係改善に向けたシグナルを送りたい。しかし、ロシアの米大統領選干渉疑惑もあり、議論を主導しづらい状況に置かれていた。

 そこでトランプ氏に加勢したのが安倍晋三首相だ。対露関係の改善は、北方領土交渉を前に進めたい安倍首相の重要課題でもある。安倍首相が「制裁をやるのはいいが、いつまでも制裁していて物事が動くのか」と問いかけたことにより、「各首脳が安倍首相の発言を引用し、流れができあがった」(政府高官)という。

 この結果、首脳宣言はウクライナ東部和平に向けたミンスク合意に言及した上で「制裁は、ロシアがこれらのコミットメントを履行したときに後退され得る」とし、条件付きで制裁を解除することを示した。サミット出席者の1人は、トランプ氏も積極的に文言調整に加わったと明かし、「意外としっかりやっていた」と振り返る。

続きを読む

このニュースの写真

  • トランプ大統領は「バイ」がお好き? G7で見せた異常行動と注目のG20
  • トランプ大統領は「バイ」がお好き? G7で見せた異常行動と注目のG20
  • トランプ大統領は「バイ」がお好き? G7で見せた異常行動と注目のG20
  • トランプ大統領は「バイ」がお好き? G7で見せた異常行動と注目のG20
  • トランプ大統領は「バイ」がお好き? G7で見せた異常行動と注目のG20

「ニュース」のランキング