産経ニュース

【小池知事定例会見録】豊洲千客万来と築地再開発「似通ったという主観については、どういうことかよくわからない」 都民ファーストの会「意思決定の場にかかわることは基本的にはない。アドバイザーという形で進める」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
豊洲千客万来と築地再開発「似通ったという主観については、どういうことかよくわからない」 都民ファーストの会「意思決定の場にかかわることは基本的にはない。アドバイザーという形で進める」

会見で質問する記者を指名する小池百合子都知事=14日午後、都庁(酒巻俊介撮影) 会見で質問する記者を指名する小池百合子都知事=14日午後、都庁(酒巻俊介撮影)

 --液体ミルクについて政府、官、周辺も動きがまた出始めているが

 「はい。備蓄の前に、国内製造が、まだ行われていないという現実がございます。これは需要と供給、鶏と卵みたいな話だと思いますけど、まず需要は、私は確実にあると思います。それこそ働き方改革にもかかわってくる話で、イクメンのお父さん方も、ミルクづくり、夜中に起き出して、ママがやっていた代わりに、今度はパパがやるとか、それを容易にするということにもつながります。もちろん、災害時には、ガスや電気、そして水、ライフラインが途絶えた際にも、乳児用の液体ミルクというのは有効であるということは、もう既に被災地などで証明されていることだと思います。どこまで行けば製造のラインに乗るのか、そこはもう経営の観点に入ってくるわけでありますけれども、東京都のようにロットの大きいところで発注をすることができ、また、保存期間が1年だったでしょうか。確認しますけれども。それで、例のアルファ米とか、クラッカーとか、期限前に皆さんに、ばーっとお配りする形で、食品ロスにならないように工夫しましたけど、そういったことも含めて、何がどこまでできるのかというのは引き続き検討してまいります。

それから、女性の観点から見た防災ブック。前の黄色い版の防災ブックの、何色にするか、まだ決めていませんけれども、今度は女性の視点からの防災ブックには、まさしく、液体ミルクをより具体的に書き込めればなとは思っております」

 --より一段と働きかける考えか

 「そうですね」

 --製造についても

 「はい。国の方でも動きがありますし、何よりも、今度、女性議員が圧倒的に、格段増えましたので、そういった女性目線の施策というのは、どんどんと出されるのではないかということを期待をいたしております。何よりも、これから赤ちゃんを出産される、2人も女性議員がいるというのも、都議会始まって以来のことではないのかなと思います」

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング