産経ニュース

【小池知事定例会見録】豊洲千客万来と築地再開発「似通ったという主観については、どういうことかよくわからない」 都民ファーストの会「意思決定の場にかかわることは基本的にはない。アドバイザーという形で進める」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
豊洲千客万来と築地再開発「似通ったという主観については、どういうことかよくわからない」 都民ファーストの会「意思決定の場にかかわることは基本的にはない。アドバイザーという形で進める」

会見で質問する記者を指名する小池百合子都知事=14日午後、都庁(酒巻俊介撮影) 会見で質問する記者を指名する小池百合子都知事=14日午後、都庁(酒巻俊介撮影)

 「次が、今度はきれいなお花についてでございます。『花の都プロジェクト』という名前を付けておりますけれども、東京都は、区市町村と連携しまして花と緑の街を彩って、2020年大会に向けておもてなしの機運を高めていく運動を今年度から開始をいたします。花の都プロジェクトと銘打ちまして、第一弾として、まず葛飾区と台東区で実施をいたします」

 「葛飾区では地域団体、そして都立農産高校などが参加するプロジェクトチームが考案いたしました、フラワーメリーゴーランドを10基、区内の公共施設などに設置をいたします。それから、台東区では、多くの観光客が訪れるといえば浅草の雷門になりますが、その周辺の商店街と連携をしまして、ハンギングバスケットを設置いたします。このハンギングバスケットの設置に合わせまして、7月31日、浅草文化観光センターにおいて、台東区と共同でキックオフイベントを開催することとなっています。こちらもアスリートの方に来ていただいて、アテネオリンピック800m自由形金メダリストの柴田亜衣さん、そしてアテネオリンピックのバレーボール代表でいらした大山加奈さんをお招きいたしまして、私と服部区長とトークセッションを行う予定といたしております」

 「このセンターの1階に隅田川花火大会がちょうど7月29日に開催されることに合わせまして、7月28日から約1カ月間、8月末までメダルの協力ボックスも設置をすることといたします。もうどこに行っても、このメダル協力ボックスを置くということで、しつこくやっていきたいと思っています。それから、都といたしまして、今後も区市町村と連携しながら、この花の都プロジェクトを都内各地に展開をいたします。2020年大会には、花で彩られた東京で、訪れる皆さんをお迎えしていきたいと考えております。担当は環境局となっております」

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング