産経ニュース

【小池知事定例会見録】豊洲千客万来と築地再開発「似通ったという主観については、どういうことかよくわからない」 都民ファーストの会「意思決定の場にかかわることは基本的にはない。アドバイザーという形で進める」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
豊洲千客万来と築地再開発「似通ったという主観については、どういうことかよくわからない」 都民ファーストの会「意思決定の場にかかわることは基本的にはない。アドバイザーという形で進める」

会見で質問する記者を指名する小池百合子都知事=14日午後、都庁(酒巻俊介撮影) 会見で質問する記者を指名する小池百合子都知事=14日午後、都庁(酒巻俊介撮影)

 《14日午後2時から都庁会見室で》

【知事冒頭発言】

 「5点、ちょっと多いのですが、ご報告をさせていただきます。まず、九州北部の豪雨災害につきまして、被害に遭われました皆様に、まずは心からお見舞いを申し上げたく存じます。そして、東京都におきましては、このたびの豪雨で被害を受けた被災者の支援ということで、7月10日から口座振込で義援金を受け付けております。また、第一本庁舎、第二本庁舎の1階の受付、第一本庁舎2階の全国観光PRコーナー、第一本庁舎45階、南展望室の都庁展望室日本全国物産展、こちらの方に、それぞれ募金箱を置いておりますので、どうぞ皆さんもご支援のほど、よろしくお願いを申し上げます。これがまず1点でございます。詳細は、福祉保健局、産業労働局にお聞きください」

 「それから、今週の11日からスタートしました時差ビズでございますけれども、これは働き方改革の一つと位置付けております。で、7月6日に第2回快適通勤プロモーション協議会、行いましたけれども、その時点では約230社がメンバーとして参加していただくことになっておりましたけれども、本日の段階で約300社に広がりました。引き続き、時差ビズのムーブメントについては、しっかり広げていきたいと考えております」

 「そして、時差ビズと同様に、働き方改革の起爆剤となりますのが、何度も申し上げておりますように、テレワークでございます。このたび、全国初の東京テレワーク推進センターを7月24日、再来週でございますけれども、飯田橋に開設いたします。この点についてのお知らせであります」

 「このセンターでありますけども、4月の国家戦略特区の区域会議で私の方から行いました提案でございまして、それが実現することになりました。特区事業と位置付けるということで、国と連携して、テレワーク導入に関するさまざまなサービスをワンストップで提供するということが可能になります。そして、このセンターにおきましては、IT、業務改善など、いろいろお悩みの企業の方々などに対しまして、専門知識を持ったコンシェルジュがその場で対応して、必要な支援をご案内するということでございます」

 「館内では、多種多様な機器、そしてソフトを展示いたしました体験コーナーであるとか、それから、テレワーク導入のさまざまな取組の事例、あるいは、行政機関などの情報を紹介するコーナーも設置をいたします。また、セミナー、体験会などのイベントを通じまして、テレワークを肌で体得していただこうという仕組みにいたしております。さらに、具体的に、このテレワークを進めたいと検討している企業に対しては、国の窓口において相談、そしてコンサルタントの派遣、助成金の受付を行うこととなっております」

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング