産経ニュース

【スポーツ異聞】「飛ぶボール」が甦った? 今季一発病に悩むマー君が指摘 ダルビッシュも打撃練習で柵越え

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
「飛ぶボール」が甦った? 今季一発病に悩むマー君が指摘 ダルビッシュも打撃練習で柵越え

今季は本塁打を浴びてマウンド上で田中(左)が捕手のルミネと話をする機会が増えた(ロイター) 今季は本塁打を浴びてマウンド上で田中(左)が捕手のルミネと話をする機会が増えた(ロイター)

 日本球界でも「飛ぶボール」は永遠のテーマとなっている。近いところでは、2013年に選手側から「ボールが飛びすぎる。変わったのではないか」との指摘が多く出たが、日本野球機構(NPB)は当初、これを全面否定したが、後になって秘密裏に反発係数の許容値が変更されていたことが発覚し、大騒動に発展したことがあった。

 その前にも、各球団で異なるボールを使用していたことから、公平性が保たれないという理由から、製造が1社に統一された経緯がある。

 勝負の行方を決することが多い本塁打の増減にかかわるだけに、ボールのわずかな違いに神経質になるのも当然だろう。

 浮かんでは消える「飛ぶボール」疑惑。野球界の永遠のテーマなのかもしれない。

このニュースの写真

  • 「飛ぶボール」が甦った? 今季一発病に悩むマー君が指摘 ダルビッシュも打撃練習で柵越え
  • 「飛ぶボール」が甦った? 今季一発病に悩むマー君が指摘 ダルビッシュも打撃練習で柵越え
  • 「飛ぶボール」が甦った? 今季一発病に悩むマー君が指摘 ダルビッシュも打撃練習で柵越え
  • 「飛ぶボール」が甦った? 今季一発病に悩むマー君が指摘 ダルビッシュも打撃練習で柵越え
  • 「飛ぶボール」が甦った? 今季一発病に悩むマー君が指摘 ダルビッシュも打撃練習で柵越え

「ニュース」のランキング