産経ニュース

【国際情勢分析】前代未聞!ホワイトハウスの「顔」大統領報道官がTVカメラ閉め出す…激化するトランプ政権のメディア敵視

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【国際情勢分析】
前代未聞!ホワイトハウスの「顔」大統領報道官がTVカメラ閉め出す…激化するトランプ政権のメディア敵視

ヘネシー氏によるホワイトハウスの定例会見のスケッチ(CNNのステルター氏のツイッターから) ヘネシー氏によるホワイトハウスの定例会見のスケッチ(CNNのステルター氏のツイッターから)

 一方、6月下旬以降、スパイサー氏は自身の退任のため後任探しを進めているとの臆測も浮上している。その後のホワイトハウスの定例会見も、多くケースでオフ・カメラ形式が続いている。政権の「顔」となるホワイトハウスの広報チームと主要メディアとの対立の着地点は見えてこない。(外信部 塩原永久)

■ショーン・スパイサー氏■

 1971年、東部ロードアイランド州出身。1990年代から共和党の連邦議員のもとで働き、2000年以降、連邦議会下院予算委員会や共和党全国委員会の広報責任者を務めた。16年12月、大統領報道官に就任。ホワイトハウスの広報担当チームのとりまとめ役である広報部長も兼務。

このニュースの写真

  • 前代未聞!ホワイトハウスの「顔」大統領報道官がTVカメラ閉め出す…激化するトランプ政権のメディア敵視
  • 前代未聞!ホワイトハウスの「顔」大統領報道官がTVカメラ閉め出す…激化するトランプ政権のメディア敵視
  • 前代未聞!ホワイトハウスの「顔」大統領報道官がTVカメラ閉め出す…激化するトランプ政権のメディア敵視
  • 前代未聞!ホワイトハウスの「顔」大統領報道官がTVカメラ閉め出す…激化するトランプ政権のメディア敵視

関連トピックス

「ニュース」のランキング