産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】SMAPはバラバラになったけど、あの名曲は役に立つ!

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロが指南 就活の極意】
SMAPはバラバラになったけど、あの名曲は役に立つ!

三井住友海上火災保険の採用面接を受けるため受付に並ぶ学生ら=6月1日午前、東京都千代田区 三井住友海上火災保険の採用面接を受けるため受付に並ぶ学生ら=6月1日午前、東京都千代田区

 「ナンバーワンにならなくてもいい、もともと特別なオンリーワン」

 このフレーズ、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。槇原敬之さん(48)作曲の、SMAPの代表曲として有名な『世界に一つだけの花』のワンフレーズですね。SMAP解散から早くも半年以上が経過し、最近では元メンバー5人のうち、稲垣吾郎さん(43)、草●(=弓へんに剪)剛さん(42)、香取慎吾さん(40)の3人がジャニーズ事務所との契約を終了することが話題になりました。

 一方、就職活動は2018年卒の採用活動が終盤に突入し、19年卒向けのインターンシップの募集が盛んに行われています。

 話を戻しますが、なぜ「ナンバーワンにならなくてもいい、もともと特別なオンリーワン」というフレーズを突然持ち出したのかというと、それはもちろん就職活動に大きな関係があるからです。今回は、2つの観点から、就活におけるこのフレーズの意味をお伝えします。

(1)些細(ささい)なことだと思っていても、その経験は自分自身しかしていない

 「飲食店のアルバイトなんて、みんなやっているじゃないですか」「唯一がんばったボランティアも、たった2週間しかしていません」。こんな理由で、学生時代に頑張ったことが「ない」という方が非常に多いのではないでしょうか。

続きを読む

「ニュース」のランキング