産経ニュース

【野党ウオッチ】なりふり構わぬ蓮舫民進党 「国連」ケナタッチ氏の書簡を御旗に“共謀罪”阻止の正当性を主張

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野党ウオッチ】
なりふり構わぬ蓮舫民進党 「国連」ケナタッチ氏の書簡を御旗に“共謀罪”阻止の正当性を主張

組織犯罪処罰法改正案の採決が始まり、鈴木淳司衆院法務委員長(中央左)に抗議する民進党の山尾志桜里前政調会長(同右)ら野党議員=5月19日、衆院第14委員室(斎藤良雄撮影) 組織犯罪処罰法改正案の採決が始まり、鈴木淳司衆院法務委員長(中央左)に抗議する民進党の山尾志桜里前政調会長(同右)ら野党議員=5月19日、衆院第14委員室(斎藤良雄撮影)

  民進党が、「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の廃案に向けて勢いづいている。国連の特別報告者、ジョセフ・ケナタッチ氏が公開書簡で改正案に懸念を示したからだ。ただ、この書簡には政府側の見解は盛り込まれていない。しかも、外務省の求めを振り切り、国連のホームページ上に掲載した。民進党のセンセイ方にとっては、作成途中の一方的な書簡であっても、「国連」の名前が冠されていれば、お構いなしのようだ。

(※6月14日にアップした記事を再掲載しています)

 「政府は国連の勧告を重く受け止め、法案は廃案にすべきだ」

 民進党の蓮舫代表は5月21日、ケナタッチ氏の公開書簡に触れ、東京都内で記者団に語気を強めた。

 ケナタッチ氏は国連人権理事会に任命された特別報告者の一人。個人の資格で務め、国連総会と人権理事会に報告書を作成するのが役割だ。

 ケナタッチ氏は5月18日、組織犯罪処罰法改正案について「プライバシーや表現の自由を不当に制約する恐れがある」と懸念を示した書簡を日本政府に送るとともに、国連のホームページで公開した。

 民進党は今国会での最重要目標に「共謀罪」を掲げているが、金田勝年法相の不信任決議案が衆院で否決されるなど安倍晋三政権を攻めあぐねている。そうした中で、「国連」の名を冠した書簡に飛びついた。

 党公式ホームページに日本語訳全文を掲載。「集団的に検討された公開書簡」(有田芳生参院議員)とのコメントも添えて、書簡の正当性を主張した。大串博志政調会長も6月4日のNHK番組で「特別報告者からやり過ぎといわれる法律を成立させるべきではない」と強調した。

 ×   ×   × 

 しかし、ケナタッチ氏の書簡の正当性には首をかしげざるを得ない。

続きを読む

このニュースの写真

  • なりふり構わぬ蓮舫民進党 「国連」ケナタッチ氏の書簡を御旗に“共謀罪”阻止の正当性を主張
  • なりふり構わぬ蓮舫民進党 「国連」ケナタッチ氏の書簡を御旗に“共謀罪”阻止の正当性を主張

「ニュース」のランキング