産経ニュース

【久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ】対北政策「2段階論」でニンジンぶら下げる文在寅大統領 米韓軍事同盟は縮小?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ】
対北政策「2段階論」でニンジンぶら下げる文在寅大統領 米韓軍事同盟は縮小?

 今月末の米韓首脳会談を前に、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領(64)が明らかにした「甘口」の北朝鮮政策の輪郭が際立ってきた。核凍結と引き換えに対話開始→核廃棄という「2段階論」だが、開発凍結の検証には触れずに、「制裁だけでは解決しない」と述べる。「膝をつき合わせて話す用意がある」とする南北首脳会談は年内実現を目指すという。一方、大統領および周辺から米韓同盟を揺るがす発言も目立ち、文大統領の口からは、両国の軍事関係の要といえる戦時作戦統制権について「適切な時期に韓国に取り戻す」との宣言まで飛び出した。

 このところ連日、欧米メディアの取材に応じている文大統領の発言は、対北融和がにじむ。

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の人物を評し、「彼は合理的な人間ではない」としたが、さらなる批判は避けた。「彼は体制を守りたがっている。核プログラムでハッタリをいっている」。そう述べつつ、5回の核実験を繰り返し、大陸間弾道ミサイル(ICBM)搭載可能な核の小型化を目指す北朝鮮の脅威への認識の甘さを露呈した。

 核問題で「凍結→廃棄」を目指すという「2段階論」では、「北朝鮮が交渉のテーブルに出てくるなら彼らを助ける用意があるとのメッセージを出す必要がある」と述べ、「まず見返りありき」を強調した。一連の発言では、首脳会談を意識して、「私とトランプ大統領の目標は同じだ。それは朝鮮半島の非核化」と繰り返したが、見返りについては「たとえば開城(ケソン)工業団地の再開」と述べ、米記者から「国連制裁違反ではないか」と指摘される場面もあった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 対北政策「2段階論」でニンジンぶら下げる文在寅大統領 米韓軍事同盟は縮小?
  • 対北政策「2段階論」でニンジンぶら下げる文在寅大統領 米韓軍事同盟は縮小?
  • 対北政策「2段階論」でニンジンぶら下げる文在寅大統領 米韓軍事同盟は縮小?
  • 対北政策「2段階論」でニンジンぶら下げる文在寅大統領 米韓軍事同盟は縮小?
  • 対北政策「2段階論」でニンジンぶら下げる文在寅大統領 米韓軍事同盟は縮小?

関連トピックス

「ニュース」のランキング