産経ニュース

【スポーツ異聞】韓国はいつも「国際スポーツ大会貧乏」という負の流れに 「誘致した人に責任をとらせる態度を」の提言も

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
韓国はいつも「国際スポーツ大会貧乏」という負の流れに 「誘致した人に責任をとらせる態度を」の提言も

韓国・光州市が2019年に開催予定の世界水泳は、総事業費が170億円に膨れ上がっている(15年大会から) 韓国・光州市が2019年に開催予定の世界水泳は、総事業費が170億円に膨れ上がっている(15年大会から)

 韓国・光州市で2019年7~8月に開催予定の世界水泳大会で、同市は最近、総事業費を1697億ウォン(約170億円)と確定した。13年の誘致時の2.7倍に膨れ上がり、18年2月に開催される平昌五輪で総運営費の補填が重要課題に挙げられる中、光州市議は「どんぶり勘定行政ではないのか」と厳しく批判している。韓国ではここ数年、地方自治体が国際スポーツ大会を多数招致し、多額の赤字を残して政府の支援を期待する傾向にある「スポーツ大会貧乏」の状況だ。

 聯合ニュースなどによると、世界水泳の総事業費は政府の国際行事審査委員会の審議を経て、5月に決定したという。光州市が政府に承認を求めた総額は1935億ウォン(約194億円)で、238億ウォン(約24億円)減額された格好だ。政府が提供する国費に関しても、市の思惑では606億ウォン(約60億円)を想定していたが、実際は482億ウォン(約48億円)にとどまった。同市は入場券の販売、企業スポンサーの支援、積極的なマーケティングなどを掲げ、独自の収入でカバーすると計画を立てている。

 ところが、韓国経済の景気後退や平昌五輪開催の影響などで企業スポンサーの支援がままならない状況にある。聯合ニュースによると、韓国の政府系シンクタンク、韓国開発研究院(KDI)は5月24日、今年の国内総生産(GDP)成長率見通しを2.6%とし、昨年12月時点から0.4ポイント下方修正した。これは昨年の成長率(確定値)と同じだといい、政府が国費支援を約束しただけでも上出来なのではないか。

続きを読む

このニュースの写真

  • 韓国はいつも「国際スポーツ大会貧乏」という負の流れに 「誘致した人に責任をとらせる態度を」の提言も

「ニュース」のランキング