産経ニュース

【安倍晋三首相会見詳報(下)】「重要政策の推進力を得るには、人材を積極的に登用した態勢を作っていくことが必要」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【安倍晋三首相会見詳報(下)】
「重要政策の推進力を得るには、人材を積極的に登用した態勢を作っていくことが必要」

会見で記者団の質問に応える安倍晋三首相=19日午後、東京都千代田区・首相官邸(春名中撮影) 会見で記者団の質問に応える安倍晋三首相=19日午後、東京都千代田区・首相官邸(春名中撮影)

 --「人づくり革命」をもって構造改革を加速するため、担当閣僚を置く考えはあるか。交渉中の欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)について7月のG20サミットまでに大筋合意をする考えはあるか。将来、米国が環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の枠組みに戻る可能性は高いとお考えか

 「安倍内閣において、各省庁にわたる重要な国家的な課題、例えば地方創生、あるいは1億総活躍社会、そしてまた働き方改革、そうした政策を前に進めていく上において、有識者会議を設けるとともに、担当の大臣がリーダーシップを発揮していく。そして分かりやすく国民の皆さまに発信していくことによって政策を推進することができたと考えているので、今回の『みんなにチャンス! 構想会議』においても、人づくりを進めていく上においても、考えていきたいと思っています」

 「そしてまた、通商戦略についてでありますが、日本は自由貿易によって高度経済成長を遂げてきました。国境を越えて、モノが行き交う。そして人が行き交うことによって、さまざまな知見が、あるいは経験が交わり、新しい知恵が生まれ、そして国際社会の荒波の中で競走する中において、技術は進歩してきたと言っても良いと思います。まさにこのダイナミズムこそが、世界の繁栄や平和の礎だろうと思います。そしてそれは、基本的な考え方として、誰にでも開かれていなければならない。そして公正なものでなければならないと考えています。日EUのEPA交渉は、まさに21世紀にふさわしい自由で公正なルールを作りあげる作業であります。現在、東京で詰めの交渉が行われています。できるだけ早期に大枠合意を実現したいと思います」

続きを読む

このニュースの写真

  • 「重要政策の推進力を得るには、人材を積極的に登用した態勢を作っていくことが必要」
  • 「重要政策の推進力を得るには、人材を積極的に登用した態勢を作っていくことが必要」

関連ニュース

「ニュース」のランキング