産経ニュース

【安倍晋三首相会見詳報(上)】「ドリルの刃となって岩盤規制を打ち破っていく」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【安倍晋三首相会見詳報(上)】
「ドリルの刃となって岩盤規制を打ち破っていく」

通常国会の閉会をうけ記者会見する安倍晋三首相=19日午後、首相官邸(桐山弘太撮影) 通常国会の閉会をうけ記者会見する安倍晋三首相=19日午後、首相官邸(桐山弘太撮影)

 「2週間後にはドイツで20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)が開催されます。米国、EUのほか中国、ロシア、韓国など主要国の首脳が集まる。この機会を活用して積極的な首脳外交を展開したいと考えています。挑発をエスカレートさせる北朝鮮問題について、日米韓のがっちりとしたスクラムを確認したい。そして来るべき日中韓サミットの開催に向けて準備を本格化してまいります。課題山積ではありますが、内政に外交にさらに気を引き締めて全力投球して参りますので、国民の皆様方のご理解とご支援をお願い申し上げます。私からは以上であります」

 --通常国会は加計学園と森友学園をめぐる問題の論戦に注目が集まったが、説明責任は十分果たされたという認識か。テロ等準備罪を新設する改正組織犯罪処罰法の審議は「中間報告」という異例の手法を用いて成立させた。国民の不安払拭に向け、どう説明を果たしていく考えか

 「今、ご指摘いただいた問題については、国会において、政府として説明を重ねてきたところでありますが、残念ながら必ずしも国民的な理解を得ることはできていない。率直にそのことは認めなければならないと考えています。テロ等準備罪処罰法は、テロ対策について国際的な連携を強化していく上において不可欠な法律だと考えておりますが、依然として国民のみなさまの中に不安や懸念を持たれる方がおられることは承知しております。しかし、改めてこの機会にもう一度私からはっきりと申し上げておきたいことは、一般の方が処罰の対象となることはない。そしてまた、一般の方が被疑者として捜査の対象となることはない、ということは改めてはっきりと国民のみなさまに申し上げておきたいと思います。これらの法律を実施していくにあたって、国会でのご議論などを踏まえて適正な運用に努めて参ります。適正に運用していく中において、今、私が申し上げたことについて、われわれの申し上げていることは間違いなかったと確信していただける、こう思っています。国民の命と財産を守るための法律であります。国民の命と財産を守るために万全を期していく考えであります」

続きを読む

このニュースの写真

  • 「ドリルの刃となって岩盤規制を打ち破っていく」
  • 「ドリルの刃となって岩盤規制を打ち破っていく」

関連ニュース

「ニュース」のランキング