産経ニュース

【ニュースの深層】「子供の前で笑えない」「昼時は戦場」保育士1人に乳幼児十数人も…現場の「疲弊」と気になる「質」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ニュースの深層】
「子供の前で笑えない」「昼時は戦場」保育士1人に乳幼児十数人も…現場の「疲弊」と気になる「質」

待機児童の推移 待機児童の推移

 個人加入できる労働組合「介護・保育ユニオン」には多くの保育士から相談が寄せられ、その深刻度は高まる傾向にあるという。

 「保育士数が足りないことが明らかでも、運営を続ける保育施設が出てきている。保育士たちは毎日のように無理難題を強いられて心身のバランスを崩し、仕事を辞めていく。もう『保育現場には戻りたくない』と話す人は多い」

 同ユニオンの池田一慶氏はそう説明する。相談に来る保育士の中には「子供があんなに好きだったのに子供の前で笑えなくなってしまった」と話す者や、「子供を乱暴に扱うようになってしまい、自分が怖い…」と訴える者もいる。

 こうした中、一部では、実際雇用する保育士の数を偽って運営を続ける保育施設も出現しているという。

 「よくあるのは、十分な保育士数が確保されているように嘘のシフトを作り、行政の監査の時にそれを見せるというもの。頭数を合わせるため、当日だけ会社内部から人をつれてくるといったケースもあるようだ」(池田氏)

×  ×

 各地で「保育の質」の確保が課題となる中、新たな取り組みを始めた自治体もある。現在約200もの保育施設が点在する東京・杉並区は今年5月、保育施設の抜き打ち巡回を始めた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「子供の前で笑えない」「昼時は戦場」保育士1人に乳幼児十数人も…現場の「疲弊」と気になる「質」

「ニュース」のランキング