産経ニュース

【安倍政権考】在職日数歴代5位の安倍晋三首相 「1強」続けて新憲法施行? 高支持率維持の秘訣は…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【安倍政権考】
在職日数歴代5位の安倍晋三首相 「1強」続けて新憲法施行? 高支持率維持の秘訣は…

記念撮影に応じる安倍晋三首相(右)とボリショイ劇場のバレリーナ、スベトラーナ・ザハロワさん=6月6日午後、首相官邸(佐藤徳昭撮影) 記念撮影に応じる安倍晋三首相(右)とボリショイ劇場のバレリーナ、スベトラーナ・ザハロワさん=6月6日午後、首相官邸(佐藤徳昭撮影)

 安倍晋三首相(62)の在職日数が5月28日、第1次政権を含めて1981日となり、小泉純一郎元首相(75)を抜いて歴代単独5位となった。戦後の首相では3位の長さとなる。短命に終わった第1次政権に比べ、第2次政権は危機管理を徹底し、経済重視の看板政策を次々と推し進めて堅調な支持率を維持してきた。来年の自民党総裁選で3選すれば、平成33年9月までの在任が可能となり、在職2886日の桂太郎元首相(1848~1913年)を抜いて歴代最長政権も見据えている。

 「政権の評価は、どれほど長くやるということではなく、何をやったかで評価されるべきだ。安倍政権というのは、改革意欲に富んで何をやるかという座標軸を明確に示し、政治主導で改革を推進する政権だ」

 菅義偉官房長官(68)は、5月26日の記者会見で安倍政権についてこう説明した。

 第1次政権は、閣僚の不祥事が相次いだことに加え、自身の健康問題に見舞われたことで、約1年で退陣した。安倍首相の政治生命はここで断たれたに思われた。

 ところが、失政を続けた旧民主党政権への失望から再び自公政権への期待が高まると、24年12月の衆院選で政権を奪還。菅氏や麻生太郎副総理兼財務相(76)、萩生田光一官房副長官(53)らの後押しを受け、首相の座に返り咲いた。以降、国政選挙は3連勝。現在も安定した政権運営を続ける背景には、第1次政権退陣後も安倍首相を支え続けた面々が政権中枢にいることが大きい。

続きを読む

このニュースの写真

  • 在職日数歴代5位の安倍晋三首相 「1強」続けて新憲法施行? 高支持率維持の秘訣は…
  • 在職日数歴代5位の安倍晋三首相 「1強」続けて新憲法施行? 高支持率維持の秘訣は…

「ニュース」のランキング