産経ニュース

【経済インサイド】ついにコンビニ飽和時代が到来か!生き残りに「御用聞き」「電球交換」…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
ついにコンビニ飽和時代が到来か!生き残りに「御用聞き」「電球交換」…

 右肩上がりで成長してきたコンビニエンスストアの出店数が鈍化してきた。業界再編が進み、セブン-イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ローソンの3強で国内市場の9割超を占める。市場の“陣取り合戦”も終わり、各社は宅配や移動店舗など、従来とは違う新たな市場の開拓に知恵を絞っている。

 「新しくコンビニが出来ても、あまり意味ないのになぁ…」。東京23区に住む30歳代の女性は自宅マンションから徒歩1分のセブン-イレブンをよく利用する。ところが昨年3月、自宅から同じような距離の場所に新しいセブン-イレブンがオープン。女性は「品ぞろえも一緒だし、あえて新しい店に行くことはないかな」と感想を漏らす。

 都心など収益が十分に見込める地域に集中して出店した結果、コンビニ店舗数は「飽和に近い状態」(ユニー・ファミリーマートホールディングスの高柳浩二社長)となっている。

 日本フランチャイズチェーン協会によれば、平成29年3月末の国内のコンビニ店舗数は5万4822。対前年同月比の増加率は2.2%増にとどまり、伸び率は年々鈍化している。出店余地も限られてきているのが現状だ。

 出店数の伸び悩みに加え、客数も頭打ちだ。4月の国内コンビニの既存店客数は前年同月比で0.5%減少。マイナスは14カ月連続だ。コンビニの「成長神話」に明らかに陰りが見え始めている。

続きを読む

このニュースの写真

  • ついにコンビニ飽和時代が到来か!生き残りに「御用聞き」「電球交換」…
  • ついにコンビニ飽和時代が到来か!生き残りに「御用聞き」「電球交換」…
  • ついにコンビニ飽和時代が到来か!生き残りに「御用聞き」「電球交換」…
  • ついにコンビニ飽和時代が到来か!生き残りに「御用聞き」「電球交換」…
  • ついにコンビニ飽和時代が到来か!生き残りに「御用聞き」「電球交換」…

「ニュース」のランキング