産経ニュース

【野口裕之の軍事情勢】デザインを想像させるものまで許さない韓国の「旭日旗狩り」 世界で有名・高名な軍艦旗への嫉妬ではないか

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野口裕之の軍事情勢】
デザインを想像させるものまで許さない韓国の「旭日旗狩り」 世界で有名・高名な軍艦旗への嫉妬ではないか

海上自衛隊の護衛艦艦尾に翻る自衛艦旗(旭日旗) 海上自衛隊の護衛艦艦尾に翻る自衛艦旗(旭日旗)

 「韓国政府の公式資料の埋葬」は過去にも“実績”がある。朝鮮戦争(1950~53年)時、韓国軍に自国女性の慰安婦を配属させ、派兵したベトナム戦争(1975年終結)では強姦・殺戮に飽き足らず、現地女性を集めて韓国兵向けの慰安所を開設した歴史を封印。代わりに、「日本軍が犯した従軍慰安婦の強制連行」という虚構を、国内外で言いふらしている。ウソを言いふらしている内に、何が真実かを見失い、「パラノイア=被害妄想」に陥る。結果、ソウルの日本大使館前や釜山の日本領事館前に慰安婦像を設置する。被害妄想は膨張に膨張を続け、間もなく「正気」を失い、病的「偏執」の塊と化し、国際法も視野に入らなくなる。

 そもそも、大使館・総領事館前の慰安婦像設置と支持者の集会は、接受国は、外国公館の《安寧の妨害又は威厳の侵害を防止するため適当なすべての措置を執る特別の責務を有す》とするウィーン条約の複数カ所に違反する。

ナイキやMジョーダンにまで矛先が…

 無礼千万は「地上の日本大使館」にとどまらない。「海上の日本大使館」たる海上自衛隊の護衛艦=旭日旗に対する欠礼は、国際法&国際慣行を踏みにじる極めて野蛮な作法だ。

 折しも、アジア・サッカー連盟(AFC)は、韓国での試合(4月)で、サポーターが《旭日旗》を掲げた行為を規定違反の「差別」に当たると問題視し、J1川崎フロンターレに厳しい処分を下した。誤った認識に基づく、不当な処分だが、韓国が仕掛ける国際社会でのデマ流布に影響された側面があったとすれば、国際社会に向けた反論や「秘密の暴露」について、わが国の努力はまったく足りない、ということになる。

続きを読む

このニュースの写真

  • デザインを想像させるものまで許さない韓国の「旭日旗狩り」 世界で有名・高名な軍艦旗への嫉妬ではないか
  • デザインを想像させるものまで許さない韓国の「旭日旗狩り」 世界で有名・高名な軍艦旗への嫉妬ではないか
  • デザインを想像させるものまで許さない韓国の「旭日旗狩り」 世界で有名・高名な軍艦旗への嫉妬ではないか
  • デザインを想像させるものまで許さない韓国の「旭日旗狩り」 世界で有名・高名な軍艦旗への嫉妬ではないか

「ニュース」のランキング