産経ニュース

【教えて!goo】今では当たり前ですが…「火葬」がタブー視されていた理由とは

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【教えて!goo】
今では当たり前ですが…「火葬」がタブー視されていた理由とは

現在の日本では、葬儀の際に遺体を火葬にすることが主流となっている。厚生労働省の統計によると、日本の火葬率は99%以上であるらしい。海外ではアメリカやヨーロッパでの火葬率は50%を下回り、特にフランスでは何と30%程度だそうだ。例外的なのはイギリスで火葬率は73%だという。アジアや南米・アフリカ等の地域でも火葬率は50%程度で、比較すると日本の火葬率はとても高いことがわかる。そんな中、「教えて!goo」でも、「火葬することの意味を昔の人はどのように考えていたと思いますか」ということで、火葬について昔の人の考えを知りたいという質問が寄せられている。

江戸時代の人達は火葬をどう捉えていたか?

質問者は、ウィキペディアの内容を参照しながら、日本の宗教観や土着信仰も踏まえ、過去の日本人達は時代により火葬をどう捉えていたかを聞いている。

回答者の答えを見ると、火葬が残虐だと捉えられたことなどから、最初はあまり良く思われていなかったが、宗教観よりも都市部において土葬等の土地が不足したのが原因で火葬が普及していったと回答されている。では、実際のところはどうなのだろうか?

実際、日本では火葬はどのように捉えられていた?

葬儀の専門家である、心に残る家族葬を運営している葬儀アドバイザーにも、話を聞いてみた。

続きを読む

「ニュース」のランキング