産経ニュース

【政治記者座談会(中)】気になる自民党「ポスト安倍」はやっぱりあの人 沈静化している派閥再編の動きもいずれは…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【政治記者座談会(中)】
気になる自民党「ポスト安倍」はやっぱりあの人 沈静化している派閥再編の動きもいずれは…

「ポスト安倍」候補の岸田文雄外相。4年後の自民党総裁選を狙う戦略を描いているとされるが… 「ポスト安倍」候補の岸田文雄外相。4年後の自民党総裁選を狙う戦略を描いているとされるが…

 キャップA「まあ、聞いてくださいな。谷垣グループの中核メンバーの大半は平成12年の『加藤の乱』のときに派閥を飛び出したメンバーです。要するに派閥の離合集散には慎重になっている。そして谷垣氏は入院中。主が不在なのに合流話が進んだことに『仁義にもとる』との思いが強く、谷垣氏のシンパが反発しているというわけ。佐藤勉衆院議院運営委員長ら数人は麻生派に合流する見通しだけれど、一筋縄にはいかないでしょう」

 キャップB「谷垣グループから佐藤氏と棚橋泰文衆院議員、あと1、2人が飛び出す見込み。しかし谷垣氏本人は麻生氏からの合流打診を快く思っていないようで、側近には『私が復帰するまで勝手に決断するな』と指示している。6月に行うグループの政治資金パーティーで、谷垣氏は逢沢一郎代表世話人とともに発起人となっており、パーティー費用を負担する意向とも聞く。側近は『これまでグループの運営費など出したことがない人だったのに、よほどグループを残したいのだろう』と話している」

 記者E「5月に麻生氏と山東派会長の山東昭子参院元副議長、そして佐藤氏らが会談する予定だが、山東派も今すぐ合流とはならないと聞く。山東派出身の大島理森衆院議長は合流に慎重だ」

 記者D「注目は山東派が麻生派に事実上吸収合併されるかどうかだ。ポイントはひとつ。麻生氏が平成31年の参院選後の参院議長ポストを山東氏に約束できるかどうか。合流積極派で元領袖の高村正彦副総裁が山東派パーティーで『動きがある』といったのは、後ろ向きの山東氏に対し『参院議長ポストいらないのか?』と半ば脅したものとされている」

続きを読む

「ニュース」のランキング