産経ニュース

【政治記者座談会(下)】「オレ様は国会議員だ」という態度の若手抱える自民党は勝てるのか…衆院解散戦略に影 それでも来年秋か

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【政治記者座談会(下)】
「オレ様は国会議員だ」という態度の若手抱える自民党は勝てるのか…衆院解散戦略に影 それでも来年秋か

自民党の「魔の2回生」問題が深刻だ。女性問題で離党した中川俊直衆院議員も当選2回だ 自民党の「魔の2回生」問題が深刻だ。女性問題で離党した中川俊直衆院議員も当選2回だ

 記者F「中川氏の所属する細田派は『魔の2回生問題』で認識の甘さを露呈した。週刊誌が不倫問題を報じた4月20日の派閥会合に中川氏は姿を見せなかったが、派閥領袖の細田博之総務会長をはじめ誰も中川氏のことに触れなかった。わずかに会合前の幹部会で塩谷立事務総長が経緯を報告したのみ。この日は中川氏辞任の余波を受けて参院経済産業委員会の審議が流れたのに、派閥会合では『波が高くて流会した』という報告があっただけだった」

 デスク「若手の問題だけではなさそうだ」

 記者F「危機感のなさは際だっていた。離党か議員辞職かと進退窮まった状況でも派閥幹部らは『カネの問題ではない』などと静観する雰囲気だった。4月21日の党役員連絡会で急転直下、離党させる方向にかじを切ったと記憶している」

 記者D「『魔の2回生』問題は深刻。知っているだけでも、委員会の席で秘書を罵倒する女性議員、飲み歩いている男性議員の頭文字をとった『KISS』、先輩議員の女性秘書に手を出してもめた男性議員…。これでは次の衆院選で真面目な2回生議員まで『コイツ、魔の2回生だろ』とひとくくりにされ、有権者から敬遠される可能性がある」

 キャップA「でも、広島4区選出の中川氏は2回とも選挙区で圧勝している。そこが悩ましい。どんなに問題があっても選挙に強ければ公認せざるを得ない。もっとも、次はなかなかそういうわけにはいかないだろうが」

 デスク「なるほど」

続きを読む

「ニュース」のランキング