産経ニュース

【政治記者座談会(上)】「ちょっと待て そのファーストは 元民進」 避けられない?東京都議選後の民進党「蓮舫降ろし」の動き

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【政治記者座談会(上)】
「ちょっと待て そのファーストは 元民進」 避けられない?東京都議選後の民進党「蓮舫降ろし」の動き

民進党の蓮舫代表(斎藤良雄撮影) 民進党の蓮舫代表(斎藤良雄撮影)

 記者D「自民党は公約の骨子に豊洲への早期移転を掲げているけど、小池氏が移転を決断したら選挙の争点ではなくなる。あまり前面に打ち出さない方がいいのではないかなな」

 デスク「自民党も大変なんだ。やっぱり台風の目は小池氏か」

 記者F「自民党は昨年夏の都知事選の反省がない。石原慎太郎元知事が小池氏を『大年増の厚化粧』と批判し、石原氏の長男で前都連会長の石原伸晃経済再生担当相も『小池氏は自民党の人間ではない』と切り捨てた。小池氏はそうした発言を逆手に取って自身の支持を固めていった。どれほど『小池氏は敵ではない』と言ってみても、うまいやり方とはいえない」

 キャップA「とにかく、このまま行けば都民ファーストは躍進するだろう」

 デスク「そうなると都議選後は、自民党の責任論以上に、民進党の蓮舫降ろしが活発になるかな」

 キャップB「蓮舫氏と距離を置くベテラン議員は『恐らく蓮舫氏は居座る』とみている。『党全体に勢いがないから、代表リコール規定を満たす勢力が集まらず蓮舫体制は続く』と」

 記者G「でも求心力はさらに低下する」

 キャップA「求心力ってまだあったの? そもそも蓮舫氏を降ろす覚悟が民進党にあるのかだ」

 キャップB「党の『顔』になれる人材がいないからね。男性執行部はみんな新鮮味がない。“女性枠”で山尾志桜里前政調会長という声もあるけど、キンキンと甲高い声を上げるだけで対案が出せない、党内根回しができない。蓮舫氏と重なってみえる」

続きを読む

「ニュース」のランキング