産経ニュース

【大人の遠足】手賀沼挟んで「菜食対決」 千葉・柏VS我孫子市の農家レストラン

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【大人の遠足】
手賀沼挟んで「菜食対決」 千葉・柏VS我孫子市の農家レストラン

“南岸”の新しい味「1日360グラム季節の野菜ゴロゴロカレー」。地元産の野菜が皿を埋める=野菜レストランSHONAN “南岸”の新しい味「1日360グラム季節の野菜ゴロゴロカレー」。地元産の野菜が皿を埋める=野菜レストランSHONAN

 野菜の甘さが溶け出したためか、誰にでもあう中辛。「ご飯に合う味に」(岩井久夫シェフ)と、試行錯誤した成果という。室内40席のほかにテラス席が20席。「手賀沼の風を感じながらの外での食事は最高。もちろん我孫子のお米も」と、自身も農家の大炊(おおい)三枝子社長(61)は、手賀沼の自然と我孫子の大地の恵みに自信をみせた。

 「もう一皿食べたい」の思いをこらえて、手賀大橋を渡った。昭和39年に架けられ、白鳥をイメージしたというアーチが連なる2代目は平成13年の完成。渡りきって柏市に入ったところに「道の駅しょうなん」がある。ここが合併前は沼南町だったことが名前の由来。米舞亭に先立つこと6日、4月23日に道の駅に隣接して「野菜レストランSHONAN」がオープンした。店内とテラス席計130席の平屋。道の駅の直売所に野菜を出荷する農家3人が「地元野菜をここで味わってほしい」と、運営会社「沼輪」を立ち上げて開業した。

 「1日360グラム季節の野菜ゴロゴロカレー」を注文する。カブやブロッコリーなど地元農家から運ばれた野菜が大きくカットされて皿を埋める。野菜のうまさが辛さを打ち消しているのは我孫子と同じ。野菜は火が通っているためか食べやすい。野菜サラダバイキングとセットで1100円だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 手賀沼挟んで「菜食対決」 千葉・柏VS我孫子市の農家レストラン
  • 手賀沼挟んで「菜食対決」 千葉・柏VS我孫子市の農家レストラン
  • 手賀沼挟んで「菜食対決」 千葉・柏VS我孫子市の農家レストラン
  • 手賀沼挟んで「菜食対決」 千葉・柏VS我孫子市の農家レストラン

「ニュース」のランキング