産経ニュース

【政治デスクノート】あの麻生太郎氏が注意喚起…止まらない国会議員の失言は「うっかり本音」「ウケ狙い」「上から目線」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【政治デスクノート】
あの麻生太郎氏が注意喚起…止まらない国会議員の失言は「うっかり本音」「ウケ狙い」「上から目線」

東日本大震災の被害に関する自身の発言について陳謝する今村雅弘復興相=4月25日、東京都千代田区 東日本大震災の被害に関する自身の発言について陳謝する今村雅弘復興相=4月25日、東京都千代田区

 「表現が基本的に問題ある。『あっち』という一言が東北の人の怒りを買うことになった。その意味で発言によくよく注意してほしい」

 自民党の麻生太郎副総理兼財務相は4月27日の麻生派会合で、復興相を辞任した今村雅弘氏の東日本大震災被害に関する「まだ東北で、あっちの方だから良かった」発言を取り上げ、派閥メンバーに緊張感を持つようクギを刺した。

 えっ…!? 麻生氏こそ数々の失言、迷言で名高い政治家だ。平成20年9月には、名古屋市での街頭演説で前月の豪雨被害に触れ、「安城や岡崎だったからいいけど、名古屋で同じことが起きたら、この辺は全部洪水よ」と発言し、バッシングを浴びた。その麻生氏が発言に注意するよう喚起するとは…。経験豊富だからこそ言えるブラックジョークか?

 閑話休題。

 国会議員の失言が止まらない。この数カ月で、今村氏だけでなく、山本幸三地方創生担当相の観光振興をめぐる「一番のがんは文化学芸員」や、内閣府兼復興政務官だった務台俊介氏の岩手県豪雨被害に絡む「長靴業界はだいぶもうかった」などの失言が相次いだ。

 もっとも、国会議員の失言は今に始まったことではない。さかのぼれば、昭和金融恐慌の引き金とされる片岡直温蔵相の「東京渡辺銀行がとうとう破綻をしました」(昭和2年3月)や、国民の反感を買った池田勇人蔵相の「貧乏人は麦を食え」(25年12月)、衆院解散のきっかけとなった吉田茂首相の「バカヤロー」(28年2月)など、歴史に刻まれたものも多い。

続きを読む

このニュースの写真

  • あの麻生太郎氏が注意喚起…止まらない国会議員の失言は「うっかり本音」「ウケ狙い」「上から目線」
  • あの麻生太郎氏が注意喚起…止まらない国会議員の失言は「うっかり本音」「ウケ狙い」「上から目線」
  • あの麻生太郎氏が注意喚起…止まらない国会議員の失言は「うっかり本音」「ウケ狙い」「上から目線」
  • あの麻生太郎氏が注意喚起…止まらない国会議員の失言は「うっかり本音」「ウケ狙い」「上から目線」
  • あの麻生太郎氏が注意喚起…止まらない国会議員の失言は「うっかり本音」「ウケ狙い」「上から目線」
  • あの麻生太郎氏が注意喚起…止まらない国会議員の失言は「うっかり本音」「ウケ狙い」「上から目線」
  • あの麻生太郎氏が注意喚起…止まらない国会議員の失言は「うっかり本音」「ウケ狙い」「上から目線」
  • あの麻生太郎氏が注意喚起…止まらない国会議員の失言は「うっかり本音」「ウケ狙い」「上から目線」
  • あの麻生太郎氏が注意喚起…止まらない国会議員の失言は「うっかり本音」「ウケ狙い」「上から目線」
  • あの麻生太郎氏が注意喚起…止まらない国会議員の失言は「うっかり本音」「ウケ狙い」「上から目線」

「ニュース」のランキング