産経ニュース

【JR30年インタビュー】鉄道事業の黒字への道のりが長かった貨物 石田忠正会長「外部から来た私がやったことは2日間の合宿でした」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【JR30年インタビュー】
鉄道事業の黒字への道のりが長かった貨物 石田忠正会長「外部から来た私がやったことは2日間の合宿でした」

JR貨物の石田忠正会長(平成29年3月30日、東京都渋谷区の本社で撮影。手に持っているのは、環境に優しい鉄道貨物を利用した商品などを認定する「エコレールマーク」) JR貨物の石田忠正会長(平成29年3月30日、東京都渋谷区の本社で撮影。手に持っているのは、環境に優しい鉄道貨物を利用した商品などを認定する「エコレールマーク」)

 国鉄民営化から30年を機に、JR貨物の石田忠正会長が産経新聞のインタビューに応じた。「JRグループ5社目となる株式上場に向けた体制を築く」「鉄道貨物を復権したい」と将来像を描いた。(聞き手 山澤義徳)

 一問一答は次の通り。  

 --会社発足30年の節目となる平成28年度決算で、本業の鉄道事業が黒字化を果たした

 「勝因は計数管理の徹底だが、それ以上に『俺たち自身がやらなくては』という意識を全社員で共有できたことが大きい。今後は不動産事業なども合わせ経常利益100億円を安定的に稼ぎ、JRグループ5社目となる株式上場に向けた体制を築くのが目標だ」

 --民間出身の“プロ経営者”として会長に選ばれたが、4年間でどんな改革を

 「会長に就いて真っ先に取り組んだのは経営陣の意識改革だ。しかし、外部から乗り込んだ私が仕切るのは上策ではない。そこで役員ら35人で2日間の合宿を行い、自社の弱みと強みを本音でぶつけ合った。

 その結果、会社の古い体質に全員が気付き、経営上の課題や解決策を共有することができた。同様の活動は6支社に広がり、定時運行率や安全管理などの向上策が現場レベルでも議論されるようになった」

続きを読む

「ニュース」のランキング