産経ニュース

【花田紀凱の週刊誌ウォッチング〈616〉】「北朝鮮リスク」はピーク こんな時に、まだ籠池だなんだと騒いでいる民進党と朝日、度し難い

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【花田紀凱の週刊誌ウォッチング〈616〉】
「北朝鮮リスク」はピーク こんな時に、まだ籠池だなんだと騒いでいる民進党と朝日、度し難い

4月15日、北朝鮮の軍事パレードで公開された、新型ICBM用の可能性がある発射管付き車両(共同) 4月15日、北朝鮮の軍事パレードで公開された、新型ICBM用の可能性がある発射管付き車両(共同)

 先週、各誌ゴールデンウイーク合併号に朝鮮半島への危機感など全く感じられないと書いたが『ニューズウィーク日本版』(5・2/9)は別だ。

 大特集で「国際情勢10大リスク」。23ページにわたって北朝鮮、韓国大統領選、トランプ、フランス大統領選、ロシア、中国など、〈パックス・アメリカーナ(アメリカによる平和)に陰りが見え〉〈冷戦終結後で最悪の危機にさらされている〉世界情勢を丹念に読み解いている。

 〈現在の世界の潮流は、グローバリズムに対するポピュリズムの反動にほかならない。グローバル化で加速する「弱肉強食」に耐えられなくなった大衆の悲鳴が、世界中で政治を動かし始めている〉

 〈リスクは北朝鮮だけではない。われわれが生きる現在の世界は、冷戦期よりずっと危険なのかもしれない〉

続きを読む

「ニュース」のランキング