産経ニュース

【めぐみへの手紙】「皆で遊んだ『こどもの日』一秒でも早く再会したい」横田滋さん、早紀江さん

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【めぐみへの手紙】
「皆で遊んだ『こどもの日』一秒でも早く再会したい」横田滋さん、早紀江さん

横田めぐみさん(左)は母の早紀江さん、初めての端午の節句を迎えた双子の兄弟と記念写真に納まった =昭和44年5月 横田めぐみさん(左)は母の早紀江さん、初めての端午の節句を迎えた双子の兄弟と記念写真に納まった =昭和44年5月

 めぐみちゃん、こんにちは。日本は「こどもの日」の祝日を迎えました。こどもの日は家族皆で遊んで、お寿司やケーキを作ってお祝いをしましたね。ちまきや柏餅も食べました。お母さんは桜餅の作り方を一生懸命習い、作ったことを思い出します。めぐみちゃんは、何を思い出しますか?

 お父さんとお母さんは、めぐみちゃんが生まれたとき、本当にうれしかった。双子の弟、拓也と哲也を授かったときも大喜びして、こいのぼりと、かぶとを買って飾りましたね。マンションだから、ベランダに飾れる大きさのかわいらしいこいのぼり。かぶとは今でも、男の子がいる哲也が大切に持っています。

 こどもの日は子供の人格を重んじ、幸福をはかり、母に感謝する祝日だそうです。どの親御さんにとっても、子供はかけがえのない存在です。めぐみちゃんは3260グラムの立派な赤ちゃんで、黒い髪の毛が印象的でした。初めて抱いたときのズシリと重たい感触を、お母さんは鮮明に覚えています。恥ずかしい話だけれど、生まれる前は男の子だと思っていました。当時、おなかの中を撮影できる機器もなくて、おなかの形などで「絶対男の子」と言われ、そう思い込みました。

 女の子の名前をまったく考えていなかったから大慌て。「早紀江は漢字が3つ並んで難しい」とよく言われたので、ひらがなの名前をたくさん考えました。そして、元気で誰からも愛されるように願いを込めて、「めぐみ」に決めました。お父さんとお母さんは、その通りの女の子に育ったと思います。

続きを読む

関連サイト

「ニュース」のランキング