産経ニュース

【政治記者座談会(上)】「ちょっと待て そのファーストは 元民進」 避けられない?東京都議選後の民進党「蓮舫降ろし」の動き

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【政治記者座談会(上)】
「ちょっと待て そのファーストは 元民進」 避けられない?東京都議選後の民進党「蓮舫降ろし」の動き

民進党の蓮舫代表(斎藤良雄撮影) 民進党の蓮舫代表(斎藤良雄撮影)

 デスク「みんなに集まってもらったのはほかでもない。WEB担当のS編集長から『好評だった新春記者座談会の第二弾をやってくれ』と指示が…」

 キャップA「ゴールデンウイークまっただ中ですよ!なんで安請け合いするかなあ」

 デスク「…。でも、東京都議選(7月2日投開票)まで2カ月を切ったし、永田町もいろいろと動きが活発になっている。関心が高いし、まず、その辺をざっくばらんに…」

 キャップA「まあ、都議選の焦点は蓮舫代表率いる民進党でしょうね」

 キャップB「民進党は都議選で5議席以下に激減するといわれている。4月30日、民進党会派『東京改革議員団』の前幹事長が離党し、党公認候補36人のうち14人が離党した。蓮舫氏は『選挙の顔』と期待されて代表になったのだし、東京が地盤だし、普通なら『蓮舫降ろし』の矢面に立たされるはずだけどね」

 記者C「そう、そう。離党ドミノがとまらず都議会で議席がゼロになった社民党(旧社会党)と同じ末路をたどりそうだね。民進党の長島昭久衆院議員の離党も蓮舫執行部にしてみれば痛恨だった。党の都連幹事長が敵前逃亡するなんてあり得ない」

 キャップA「確かに民進党と社民党は共通点が多い。女性党首の起用、党名変更…いろいろと党勢回復を図ったが、むしろ退潮傾向に拍車をかけてしまった。党首落選という悲劇も同じだし。現時点の違いは党本部移転しているか、どうかぐらいだ」

 デスク「随分と民進党に厳しいねぇ」

 記者D「ちょっと待て!」

 デスク「ど、どうした?」

続きを読む

「ニュース」のランキング