産経ニュース

【ゲノム編集】人類の救世主か、滅びの一歩か…遺伝学の専門家が指摘する「危うさ」の意味

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ゲノム編集】
人類の救世主か、滅びの一歩か…遺伝学の専門家が指摘する「危うさ」の意味

日本学術会議のシンポジウム「ヒト受精卵や配偶子のゲノム編集技術を考える」では、専門家や来場者がゲノム編集について積極的に意見交換した=4月30日、東京都港区 日本学術会議のシンポジウム「ヒト受精卵や配偶子のゲノム編集技術を考える」では、専門家や来場者がゲノム編集について積極的に意見交換した=4月30日、東京都港区

 生物のゲノム(全遺伝情報)を自由に改変できる「ゲノム編集」技術の進歩が著しい。一般にはなじみの薄いゲノム編集だが、さまざまな病気に悩む人にとっては根治に繋がる可能性のある救いの技術だ。その一方で、「人類の滅亡につながる」と懸念の声も大きい。人類の救世主か、滅亡の一歩か、新たな技術との付き合い方が問われている。(社会部 道丸摩耶)

HIV除去の可能性

 「人間の浅はかな知恵でゲノムを変えてしまうことは危険を伴います」

 4月12日、東京・霞が関の厚生労働省で開かれた専門委員会でそんな懸念を口にしたのは、遺伝性難病の治療に長年携わってきた国立成育医療研究センターの松原洋一研究所長だ。日本人類遺伝学会の理事長でもある松原氏が懸念する「ゲノム編集」とは、一体どんな技術なのか。

 ゲノムとは、DNAのすべての遺伝情報のことを指す。ゲノム編集とは、DNAの遺伝子の狙った場所を切ったり、切った場所に別の遺伝子を入れたりできる技術だ。複数の方法があるが、中でも「クリスパー・キャス9」という手法は精度が高く、特別な技術や施設がなくてもできる。

 ゲノム編集が特に期待されている分野は、病気の治療だ。例えば、エイズを発症させるHIV(ヒト免疫不全ウイルス)は、人の免疫細胞などに感染し、DNAを書き換えて免疫の機能を破壊する。しかし、ゲノム編集の技術を使ってHIVが書き換えるDNAの一部分を欠損させれば、ウイルスの影響を除去できる可能性がある。

続きを読む

このニュースの写真

  • 人類の救世主か、滅びの一歩か…遺伝学の専門家が指摘する「危うさ」の意味

「ニュース」のランキング