産経ニュース

【杉田水脈のなでしこリポート(27)】愛国心あふれる仏大統領選 各陣営の集会比較 右派も左派も国歌の大合唱

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【杉田水脈のなでしこリポート(27)】
愛国心あふれる仏大統領選 各陣営の集会比較 右派も左派も国歌の大合唱

エマニュエル・マクロン氏(左)、マリーヌ・ルペン氏(ともにゲッティ=共同) エマニュエル・マクロン氏(左)、マリーヌ・ルペン氏(ともにゲッティ=共同)

 大統領選の取材のため、今月12日からフランス・パリに滞在中です。

 17日は復活祭翌日の月曜日ということでパリはお休み。大統領選有力候補2人の演説会が開かれると聞いて、地下鉄を乗り継いで行ってきました。

 午後3時にAccord Arena Bercyにて独立系の前経済相、エマニュエル・マクロン氏、午後8時にLe Z?nith Paris-La Villetteにて極右、国民戦線党首のマリーヌ・ルペン氏。どちらの会場も警察が取り囲む厳重態勢でした。

 マクロン氏の演説会は、到着したのが遅く、会場の外の大スクリーンで見ました。

 ルペン氏の方は、最寄りの駅で降りる用意をしていたら、なんと地下鉄が停まらずに通り過ぎました。仕方なく一駅先の駅で降りて引き返しました。後で現地の人に聞くと、デモや大きな集会をやっている駅には停車しないことが多いそうです。日本では考えられませんね。

 会場に入るまでいくつもの関門があるのですが、片言のフランス語と英語と作ってきた名刺を見せて、なんとか中に入ることができました。

続きを読む

関連トピックス

関連ニュース

「ニュース」のランキング