産経ニュース

【小池百合子知事定例会見録】「総理から『お手柔らかにお願いします』と声をかけられた」 築地移転延期「訴訟という形になれば受けて立ちたい」 森喜朗氏の著書「『遺書』などと言わず、これからもお元気で頑張って」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池百合子知事定例会見録】
「総理から『お手柔らかにお願いします』と声をかけられた」 築地移転延期「訴訟という形になれば受けて立ちたい」 森喜朗氏の著書「『遺書』などと言わず、これからもお元気で頑張って」

定例会見に臨む、東京都の小池百合子知事=21日午後、都庁(松本健吾撮影) 定例会見に臨む、東京都の小池百合子知事=21日午後、都庁(松本健吾撮影)

 「それから、昨日も都内の区市長さんたちと待機児童の会議を行いました。そこで『企業内保育所、保育施設の充実を』という話も出ておりましたけれども、都会のど真ん中にベビーバギーを持って実際に来るというのは、そう簡単な話じゃないと思うんですね。人が流れるように、滝のように階段を上から下まで、だーっと流れていくシーンというのは圧巻でもあると同時に、あそこに1人ベビーバギーを持ったお父さん、お母さんがいると、どんなに不安なことかということを考えますと、企業内保育というのはそう簡単ではないと。つくることは、いろいろなインセンティブつけてできるかもしれませんけれども、実際にお子さんを肩車してなどというのは、なかなかそう簡単ではない」

 「だから、そうやって技術的なところと意識改革、働き方、そういったことを総合的に考えることによって、子育てもでき、そして仕事も充実ということができるのではないかと思っております」

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング