産経ニュース

【BCリーグ】新規参入の栃木 開幕戦で劇的な逆転勝ち 県知事「いがったね」と栃木弁

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【BCリーグ】
新規参入の栃木 開幕戦で劇的な逆転勝ち 県知事「いがったね」と栃木弁

栃木ゴールデンブレーブスは七回に野崎が勝ち越し打=宇都宮清原球場(豊嶋茉莉撮影) 栃木ゴールデンブレーブスは七回に野崎が勝ち越し打=宇都宮清原球場(豊嶋茉莉撮影)

 プロ野球の独立リーグ・BCリーグへ今季参入した栃木ゴールデンブレーブスは4月8日、宇都宮市の宇都宮清原球場で本拠地開幕戦を迎えた。相手はこれまでオープン戦2試合を戦い、いずれも大差で敗れていた武蔵ヒートベアーズ(埼玉)だったが、終盤に鮮やかな逆転勝ち。辻武史監督は「彼たち(選手)の人生にもチームにとっても大きな1勝」と喜んだ。

 試合前のセレモニーでは福田富一栃木県知事が「歴史的な開幕ゲームに立ち会うことができて、いがった(よかった)ね、みんな」と栃木なまりでスタンドのファンへ呼びかけ、佐藤栄一宇都宮市長は「この球場の人工芝をすべて新しいものに張り替えた。思う存分使ってもらいたい」と選手を激励した。

 続いて日光市出身のシンガー・ソングライター、ニトリヒロヤス氏が国歌と「とちの葉の風さわやかに…」の歌詞で始まる栃木県民歌を斉唱。始球式では1962年、作新学院高のエースとして春の甲子園大会で優勝した八木沢荘六・元ロッテ監督が見事なストライク投球を見せるなど、スタジアムは郷土色豊かな雰囲気に包まれた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 新規参入の栃木 開幕戦で劇的な逆転勝ち 県知事「いがったね」と栃木弁
  • 新規参入の栃木 開幕戦で劇的な逆転勝ち 県知事「いがったね」と栃木弁
  • 新規参入の栃木 開幕戦で劇的な逆転勝ち 県知事「いがったね」と栃木弁

「ニュース」のランキング