産経ニュース

【今週の注目会見】「安倍晋三政権の暴走をいかに食い止めるかが国民の望みではないか」との質問に、民進党を離党した長島昭久氏の答えは…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【今週の注目会見】
「安倍晋三政権の暴走をいかに食い止めるかが国民の望みではないか」との質問に、民進党を離党した長島昭久氏の答えは…

民進党に離党届を提出し記者会見する長島昭久元防衛副大臣=4月10日、東京・永田町の衆院第1議員会館(斎藤良雄撮影) 民進党に離党届を提出し記者会見する長島昭久元防衛副大臣=4月10日、東京・永田町の衆院第1議員会館(斎藤良雄撮影)

 それはまた、「中庸」の思想に通じるものがあります。中庸は、過剰に対する自制と不正に対する毅然とした姿勢によって、一方に偏ることなく常に調和を重んずる思想です。足して二で割るといった単純な話ではありません。中庸を保つためには、強い意志と高い理想がなければなりません。

 私は、ここに、特定の党派から独立した1人の保守政治家として、わが国を取り巻く内外の諸課題と真摯に向き合い、あるべき政治のかたちを創り上げるために、私の問題意識を共有してくださる同志の皆さんと共に、中庸を旨とした「真の保守」政治の確立という大義の実現を目指して行動を起こすものであります。

               ◇

 --今後の政治活動について。自民党会派入りはあるのか。都民ファーストの会との連携は

 「私は今独立したばかりだ。今後の動きについては、みなさんの方がよく理解されていると思うが、政界の一寸先は闇でありますから。私が今ここで確たることは申し上げることはできません。あらゆる可能性を追求していきたいと思いますが、今独立した立場で申し上げられるのは、真の保守政治を確立するために、私の思いに共鳴してくださる方と行動をともにしていきたい、この一点であります」

 --離党届を出した際、野田佳彦幹事長からどのような話があったか

 「今日は役員会もあり、幹事長の会見もありますので、扱いについては幹事長からお話があるかと思うが、私としては本日、野田幹事長と面会させていただたき、離党届を幹事長に提出した、ということであります」

続きを読む

このニュースの写真

  • 「安倍晋三政権の暴走をいかに食い止めるかが国民の望みではないか」との質問に、民進党を離党した長島昭久氏の答えは…
  • 「安倍晋三政権の暴走をいかに食い止めるかが国民の望みではないか」との質問に、民進党を離党した長島昭久氏の答えは…
  • 「安倍晋三政権の暴走をいかに食い止めるかが国民の望みではないか」との質問に、民進党を離党した長島昭久氏の答えは…

「ニュース」のランキング