産経ニュース

【歴史戦・第17部新たな嘘(下)】改変された「不都合な事実」 慰安婦勧誘、朝鮮人から日本人に… 「守り人」には北朝鮮の影も

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【歴史戦・第17部新たな嘘(下)】
改変された「不都合な事実」 慰安婦勧誘、朝鮮人から日本人に… 「守り人」には北朝鮮の影も

慰安婦像の模型=本社(納冨康撮影) 慰安婦像の模型=本社(納冨康撮影)

 4月4日、韓国で暮らす元慰安婦の中で最高齢の女性が、老衰のためソウル市内の病院で亡くなった。李順徳。98歳だった。

 平成27年末の慰安婦問題をめぐる日韓合意後に死去した元慰安婦は9人目。韓国政府が認定した元慰安婦239人のうち、存命者は38人となった。

 李は入院する前まで反日団体「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」が運営するソウル市内の施設で別の元慰安婦女性らと共同生活を送っていた。今から25年前、日本政府に謝罪と損害賠償を求め、山口地裁下関支部に元慰安婦らが訴えを起こしたが李もそれに加わった一人だった。

 この裁判は平成15年、最高裁が上告を棄却し原告側敗訴が確定したが、10年の一審判決は李の経歴について、本人の訴えを基に、次のような事実を認定した。

 「昭和12年の春、満17、18歳のころ、夕食の準備をするため畑のあぜ道で蓬を摘んでいたところ、40歳くらいの朝鮮人の男から、『自分についてくれば、履物もやるし着物もやる。腹いっぱい食べられるところに連れて行ってやる』と声をかけられた。家が貧しく満足な履物もなく、空腹を癒やすことに精いっぱいの生活を送っていたため、誘いに応じてついて行くことに決めた」

続きを読む

このニュースの写真

  • 改変された「不都合な事実」 慰安婦勧誘、朝鮮人から日本人に… 「守り人」には北朝鮮の影も

関連ニュース

「ニュース」のランキング