産経ニュース

【衝撃事件の核心】「夜の街」もインバウンド特需? 訪日客ターゲットの風俗情報サイトも登場 その実態は…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「夜の街」もインバウンド特需? 訪日客ターゲットの風俗情報サイトも登場 その実態は…

訪日外国人の増加に伴って、夜の街も「インバウンド特需」かと思いきや…? 訪日外国人の増加に伴って、夜の街も「インバウンド特需」かと思いきや…?

 五輪を控えインバウンド(訪日外国人)に沸く日本。多くの訪日外国人が観光や買い物を楽しむ中、夜の「おもてなし」目当ての観光客もいるようだ。3月、警視庁が摘発した派遣型風俗店は客の大半が中国人だった。インターネットでは訪日客をターゲットにした風俗情報サイトも登場。「夜のインバウンド特需」は起きているのだろうか。

店員は100人、客もすべてが中国人

 東京都渋谷区の派遣型風俗店「アルカディア」。 開業以来、最大で100人のマッサージ嬢を抱える大規模店だった。客も大半が中国人で、観光客も受け入れていたとみられる。

 従業員もそのほとんどが中国人の女。「短期滞在」で入国し、期間いっぱい働いて数十万円の報酬とともに帰国。次から次へとマッサージ嬢が入れ替わっていた。

 警視庁は3月、従業員やドライバーに中国人留学生を雇い入れたとして出入国管理法違反容疑でアルカディアを摘発した。「内偵しても従業員の女が特定できず、全容解明が難航した」と捜査関係者は語る。

 外国人向けの風俗情報サイトで、アルカディアは英語と中国語での対応が可能であることが明記されており、これをウリに集客をはかっていたと、警視庁はみている。捜査幹部は「中国人の女を従業員としてこの店に斡旋(あっせん)するブローカー的な人物がいる可能性もある」と指摘する。

 店は平成20年から9年間で、5億円以上の売り上げがあったとみられる。

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング