産経ニュース

【小池知事定例会見録】百条委の証人喚問「(多くの証人が)記憶がないとか、肝心なところがわからなかった部分多かった」 連合支援「大変心強く思っております」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
百条委の証人喚問「(多くの証人が)記憶がないとか、肝心なところがわからなかった部分多かった」 連合支援「大変心強く思っております」

定例会見を行う、小池百合子都知事=7日午後、東京都新宿区の都庁(伴龍二撮影) 定例会見を行う、小池百合子都知事=7日午後、東京都新宿区の都庁(伴龍二撮影)

 「それから、次にも、これもですね、アプリではないんですが、むしろ、もっとアナログではありますけれども、東京を訪れる外国人の方がどんどん増えておりますが、その中で安心して速やかに、病気にかかったときなどに医療機関に言語の問題を超えて受診できるように、多言語ガイドブック、こちらですけれども、作成いたしましたので、お知らせをしておきます」

 「例えば、発熱とか、それからせきなどの感染症を疑うような症状が出たときは、すぐに医療機関を受診するということが、早期の回復、それから感染症の拡大防止に重要なわけであります。しかし、外国人の方々は言葉、それから受診の仕方の違いなどから速やかな受診は難しいという場合が多くございます。そこですぐに使える、すぐにわかる、そしてすぐに役立つをコンセプトといたしまして、この3つの特徴を盛り込んだガイドブックを作成したところでございます」

 「例えば、熱があるとか、おなかが痛いとか、これを外国の方が自分の言語のところで、同じように、中国語、韓国語、ハングルから、それからタイ語など書いてありますので、自分のページのところで、ここが痛いということをチェックしますと、その日本の先生は、日本のお医者さんは、日本語のところを見れば、ああ、ここなんだねということで、痛いところとか、何がどうなって、しくしくするとか、そういったことがわかるというような仕掛けとなっています。英語、中国語など、5つの外国語に対応したものでございます」

続きを読む

このニュースの写真

  • 百条委の証人喚問「(多くの証人が)記憶がないとか、肝心なところがわからなかった部分多かった」 連合支援「大変心強く思っております」

「ニュース」のランキング