産経ニュース

【政界徒然草】「反対派の死ね、死ねファクス一晩中」 重鎮キレて推進派が反撃 「次の選挙落とすぞと脅せ」 それでも受動喫煙対策は煙の中

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【政界徒然草】
「反対派の死ね、死ねファクス一晩中」 重鎮キレて推進派が反撃 「次の選挙落とすぞと脅せ」 それでも受動喫煙対策は煙の中

 会場の熱気をさらにヒートアップさせたのは厚労族の重鎮、尾辻秀久元厚労相だ。尾辻氏は総会で「これまで部会をやるたびに規制に反対の人たちが動員をかけてすごい数になっていた。今まで9対1で圧倒的に部会の意見は反対だった」とこれまでなめてきた苦汁を振り返った。その上で「今度はぜひ(部会に)来てもらいたい。そしてあの反対の人たちの9割に負けないように発言していただかないと。政治は力。力は数だ」と居並ぶ議員にハッパをかけた。

 さらに尾辻氏は総会に出席していた日本医師会など業界団体にも過激なげきを飛ばした。「皆さんはあまりにも紳士的すぎる。私のところには反対派から『死ね、死ね、死ね』というファクスが一晩中流れてくる。はっきりいって次の選挙で落とすぞというくらい脅しをかけなければ(議員は)何の役にも立たない」

 総会後、議連会長の山東昭子元参院副議長は「やはりこの辺から正論を主張していかなければいけない。受動喫煙防止の気概を持った議員がどしどし発言をして積極的にそうした空気をつくっていく」と満足そうに語った。医師で議連事務局長の古川俊治参院議員も「政府案とスタンスが同じであれば意見を言わなくても、成案になっていくので必要性がなかったが、ここまで反対にあうということになると、われわれ側も意見を強くしていかなければいけない」と力を込めた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「反対派の死ね、死ねファクス一晩中」 重鎮キレて推進派が反撃 「次の選挙落とすぞと脅せ」 それでも受動喫煙対策は煙の中
  • 「反対派の死ね、死ねファクス一晩中」 重鎮キレて推進派が反撃 「次の選挙落とすぞと脅せ」 それでも受動喫煙対策は煙の中
  • 「反対派の死ね、死ねファクス一晩中」 重鎮キレて推進派が反撃 「次の選挙落とすぞと脅せ」 それでも受動喫煙対策は煙の中

「ニュース」のランキング