産経ニュース

【衝撃事件の核心】風呂屋のミッチー、シュガー…泥棒たち「あだ名列伝」のナゾに迫る

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
風呂屋のミッチー、シュガー…泥棒たち「あだ名列伝」のナゾに迫る

 銭湯から入浴券を盗む手口で犯行を繰り返し、窃盗容疑などで警視庁に逮捕された東京都世田谷区の無職、道端英樹容疑者(66)は捜査員から「風呂屋のミッチー」と呼ばれていた。ほかにも、現場にあるスイーツを食べ散らかして逃げる事務所荒らしの男は「シュガー」や「窃“糖”犯」などと呼ばれていた。これ以外にも、「ケツパーの梅じい」「デパ地下のさと婆」…と捜査員からあだ名をつけられた窃盗犯は数多い。古くは江戸期の「鼠小僧」にまで遡(さかのぼ)る泥棒の通称。なぜあだ名がつけられるのか。その謎に迫った。

士気上げるあだ名窃盗犯の逮捕

 「風呂場のミッチーを捕まえた!」「シュガー逮捕!」。3月中旬、警視庁捜査3課に2人の窃盗犯が続けて逮捕された。その一報に快哉(かいさい)を叫ぶ捜査員は少なくなかったという。

 「あだ名つきの窃盗犯を捕まえると、やっぱり盛り上がる」(捜査関係者)。そのため、現場の指揮官が士気を上げるためにあだ名をつけることもあるそうだ。

 ミッチーこと道端容疑者は、銭湯で番台の引き出しから入浴券を盗む手口で、荒川区や台東区などで40件以上(被害総額約80万円)の犯行に関与したとみられている。これまで2千枚以上の入浴券を山谷地区で知人らに売り、生活費や遊興費にしていたという。

 シュガーこと石川県輪島市の無職、若島康弘容疑者(51)は平成25年8月から、都内や石川県内の約40件(被害総額約550万円)の事務所荒らしに関与していたとみられる。甘党で、犯行時にその場にあるチョコレートやプリンなど甘味を食べ散らかしていくことから“窃糖犯”“甘盗”とも呼ばれていた。

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング